善玉菌(ビフィズス菌)が減る原因

MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  乳酸菌のQ&A  >  善玉菌(ビフィズス菌)が減る原因とは何ですか?

善玉菌(ビフィズス菌)が減る原因とは何ですか?


 善玉菌ビフィズス菌)が減る原因(理由)とは、加齢よるものが一番にあげることができます。

 

次のグラフをみてもらうと一目瞭然なのですが、生まれたばかりの赤ちゃんは善玉菌(ビフィズス菌)が腸内のほとんどを占めますが、離乳期になると食べ物などから他の様々な細菌が入ってきて増え始めるので、既に1才ぐらいではビフィズス菌はピーク時の半分以下になってしまいます。

 

それからも歳をとるごとに年々減少していき成年期には、1/10程度まで減り、老年期には1/1000程度までにも減ってしまいます。

年齢とともに変化する善玉菌の量

加齢により腸などの消化器系の機能も衰えて低下してきます。そうなると食べたものの消化に時間がかかるようになり、排出すべき便が腸の中に滞在している時間が長くなることで、腐敗が進み腸内の悪玉菌(ウォルシュ菌など)が増殖しやすい環境になってしまいます。

 

悪玉菌が増えて悪玉菌の棲みやすい環境になると、善玉菌にとっては増殖しにくい場所となり、善玉菌の領域が悪玉菌に取って代わられ善玉菌が減少してしまうことになります。

 

●加齢(老化)以外にも善玉菌を減らす原因があります。

偏食(動物性タンパク質の摂り過ぎ、食物繊維の不足)

肉類などの脂肪・タンパク質の摂取増えて、野菜や果物、海藻類などの摂取が少なくなると、食物繊維が不足しがちになります。

 

悪玉菌の好物は、動物性タンパク質や脂肪分の多い食品です。したがって、肉類の摂り過ぎは、悪玉菌を増やすことになり腸内環境を悪化させることになります。

 

また、野菜や果物に含まれる食物繊維やオリゴ糖は、善玉菌(ビフィズス菌)のエサとなるものなので、これらが不足すると善玉菌を増やして十分な働きをさせることが出来なくなります。

偏食は腸内の善玉菌を減らし、悪玉菌を増やす原因となってしまうのです。

 

運動不足(腹筋の衰退)

運動不足になると筋肉が落ちて腹筋も弱まることになり、腸のぜん動運動を助けていた腹筋もその機能を十分に働かせることが出来なくなります。

 

腹筋は、腸のぜん動運動において、便を腸から肛門まで移動させるのに必要な筋肉なのですが、腹筋が衰退することで、うまく便を排出できにくくなるため便が腸内に滞留して、腸内で便を腐敗させ悪玉菌を増やし、善玉菌を減らしてしまうことになります。

 

ストレス

 ストレスといえば、仕事における過労や精神的疲労、普段生活における心配事など以外にも肉体的な疲労、暑さ寒さ、ちょっとしたイライラなど色々な原因により発生します。

 

大きな精神的ストレスであったり、ちいさなストレスでも積もり積もってくると自律神経に影響をおよぼすようになってきます。
通常、私達は胃酸によって有害物質(細菌)が腸内に入り込まないように防いでくれるのですが、自律神経が正常に機能しないと胃酸の分泌が少なくなり、有害な細菌を繁殖させることで善玉菌が減ってしまうのです。

 

薬の服用

何らかの病気や怪我の治療に抗生物質を処方されることがよくありますが、抗生物質は大半が抗菌薬であり、服用すると全身に効果を与えてしまい、腸内細菌までも殺してしまいます。

 

抗生物質を服用すると、腸内細菌である善玉菌、悪玉菌の両方とも殺してしまい腸内のバランスが崩れ、腸内環境が悪化すると悪玉菌の棲みやすい環境になり、悪玉菌を増殖させ善玉菌を減少させることになってしまいます。

 

●善玉菌が減るとどうなるの?

腸内の善玉菌と悪玉菌の関係は、善玉菌が増えると悪玉菌が減り、健康な状態になり、善玉菌が減ると悪玉菌が増え、からだに悪影響をおよぼすことになります。

 

腸内環境が悪玉菌の多い状態になると、腸の働きは低下し、腸のぜん動運動も不活発になるので、食べたもののカス(便)が長時間からだの中に滞留するので、増えた悪玉菌が腐敗させ有毒物質を発生させてしまいます。

 

有毒物質が腸の中に留まっていると、腸はそれらを吸収して全身に行き渡らせることで肌荒れ体臭口臭などを引き起こします。

 

また、便が腸内に滞留することで、腸が必要以上に水分を吸収して便を固くして、便をさらに排出しにくくし、便秘を引き起こすのです。

 

●加齢による善玉菌の減少をどうすればよいか

年齢とともに減少する善玉菌を毎日継続して補えば良いのです!

では、どうやって?

 

外部から善玉菌を摂取すれば良いのですが、毎日手軽に摂れる方法でないと続けることが難しいです。
それには、善玉菌=乳酸菌を濃縮したサプリメントを活用するのが効率で確実に摂ることができます。

 

では、どのような乳酸菌サプリメントがよいのか?

 

日本人に向いている強力な乳酸菌があると良いと思いませんか。

あるんです、そんな乳酸菌サプリメントが。

 

大昔から野菜や穀物を中心とした植物性の食生活を続けてきた日本人にとっては、昔ながらの日本食や漬物からの乳酸菌をとっていたことで健康が作られていたのです。
その漬物の中にいた乳酸菌をギュッと濃縮して作られています。

 

しかもその植物性乳酸菌は、胃液や消化液を乗り越え、腸まで生きて到達することができる上に、腸内でも生きぬく力が強いのです。

 >> その植物性乳酸菌の詳細は、こちら

 

タイプ別の善玉菌サプリメント

 

 

乳酸菌革命 タイプ1

免疫力をアップし、アレルギー軽減する

 

 

ラブレ タイプ2

日本人に合う植物性善玉菌サプリ

 

 

善玉菌のチカラ タイプ3

ダイエット効果も期待できる乳酸菌サプリ

 

 

カイテキオリゴ タイプ4a

固い便をやわらかくして出せるサプリ

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

プレミアムスリムビオ バナー 

おならの悩み バナー 

同じカテゴリー「乳酸菌のQ&A」の一覧

血液型別に働く乳酸菌だと、相性が良いのですか?

血液型によって相性の良い善玉菌(乳酸菌)が、別々に存在するということが分かってきました。A型、B型、O型、AB型専用の乳酸菌が存在するって、ことなんですかね? 輸血と同じで、血液型の一致する乳酸菌? […]

記事の続きを読む

乳酸菌(ec-12)は、フェカリス菌でインフルエンザに効果あり?

久光製薬の乳酸菌(ec-12)は、エンテロコッカス・フェカリス菌EC-12株を何と1兆個も含んでいて、インフルエンザの「予防効果」および「治療効果」が大きく期待できるようなので、調べて見ました。製薬会 […]

記事の続きを読む

腸内環境を整えると太りにくい体質に!腸内フローラとダイエットの関係は?

腸内環境が整えて、腸内フローラがキレイになると、ダイエット効果が出てくるようです。腸内の善玉菌が増えて、腸内環境が改善されると、腸の働きも良くなったり、ヤセ菌が増えてデブ菌が減るような効果もあるんです […]

記事の続きを読む

フジッコの善玉菌のチカラ(クレモリス菌FC株)に期待できる効果とは?

フジッコの『善玉菌のチカラ』には、カスピ海ヨーグルトの『クレモリス菌FC株』が含まれています。そこで『クレモリス菌FC株』の効果についてまとめてみました。 クレモリス菌FC株の威力 カスピ海ヨーグルト […]

記事の続きを読む

久光製薬の乳酸菌(ec-12)は、フェカリス菌で花粉症にも効果あるの?

久光製薬の乳酸菌(ec-12)は、エンテロコッカス・フェカリス菌EC-12株を何と1兆個も含んでいます。EC-12株は、腸内環境を改善し免疫力を高める効果があるので、花粉症などのアレルギー症状の緩和が […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ