MENU

便秘薬(下剤)の種類は、どんなのがあるの?

便秘薬下剤)の種類には大きく分けて、刺激性便秘薬として「腸の動きを活性化させるもの」と、機械性便秘薬として「便・腸ともに水分を与え、排出させるもの」があります。

薬 粒状

「腸の動きを活性化させるもの」

刺激性下剤

【 大腸刺激下剤 】
市販薬の中で一般的なもので、 腸粘膜を刺激し、腸のぜん動運動(便を肛門まで運ぶ動き)を促進する。
成分により、アントラキノン系ジフェニルメタン系の大きく二つに分けられます。

 

アントラキノン系
センナ、漢方の大黄(ダイオウ)、アロエなどの植物由来を主成分とする。

処方薬 大黄、プルセニド、アローゼンなど
市販薬 コーラック、ビューラック、スルーラック・デトファイバー

 

ジフェニルメタン系
アントラキノン系に比べ、穏やかでおなかが痛くなりにくい
化学合成で作られた成分で、ビザコジル、ピコスルファート、ラキソナリンなど

処方薬 ラキソベロン
市販薬 コーラックソフト、ビオフェルミン、サトラックスエース

 

 

【 小腸刺激下剤 】
小腸に刺激を与えて、腸のぜん動運動を促進する。大腸刺激性下剤に比べ、副作用が少ないとされる。
代表的なものに、ヒマシ油など。
※ヒマシ油は骨盤器官の充血を引き起こすため妊婦には使用不可

 

「便・腸ともに水分を与え排出させるもの」

機械性下剤

【 膨張性下剤 】
水分を吸収させて、便をやわらかくし、腸の内容物を膨大させて、腸を刺激して排便を促進する。
習慣性はなく副作用も少ないが、即効性に欠ける。
主な成分は、寒天、プランタゴ・オバタ、小麦ふすま(小麦粒の表皮部分)

処方薬 バルコーゼ
市販薬 ウィズワン、サトラックスなど

 

【 塩類下剤 】
浸透圧の高い物質であるマグネシウム入れることで大腸内の水分量を増やして便をやわらかくし、増大させることでぜん動運動を促進する。
主な成分 酸化マグネシウム、硫酸マグネシウムなど

 

【 糖類下剤 】
塩類下剤と同じように浸透圧を利用して便をやわらかくし、増大させることでぜん動運動を促進する。
また、糖類なので腸内で善玉菌に分解され乳酸などを作り、腸内を酸性にして悪玉菌の棲みにくい環境にする効果もある。
主な成分 人工的に合成された糖類や麦芽糖など。

処方薬 モニラック、D-ソルビトールなど
市販薬 マルツエキスなど

 

【 浸潤性下剤 】
界面活性作用により、便の表面張力を低下させて便の内部に水分を浸透しやすくし、硬い便をやわらかくして、排便しやすくする。
作用が穏やかなので、刺激性下剤と合わせて使うことがよくある。
主な成分 ジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSSと呼ばれる界面活性剤)

処方薬 ビーマスS
市販薬 コーラックⅡ、スルーラックプラス、クリア(三種共に、大腸刺激性+浸潤性)

 

下剤に準ずるもの

浣腸

肛門から、液体を注入して、腸内の便をやわらかくしたり、腸の壁面のすべりを良くしたりすることと、大腸を刺激し、大腸のぜん動運動を促進して、便を出す。

主な成分 グリセリンやソルビトールなど。

 

座薬・坐剤

肛門から、固形物を挿入すると、有効成分が反応して直腸内で炭酸ガスが発生し、直腸に刺激を与えて大腸のぜん動運動を促進して、便を出す。

主な成分 炭酸水素ナトリウム、ビサコジルなど
市販薬  新レシカルボン坐剤、テレミンソフト坐薬など

 

以上、便秘薬(下剤)についてまとめました。

 

便秘薬・下剤をやめるためには?

便秘薬(下剤)はどうしても排便できない場合に、一時的に便秘を解消するのには適しています。しかし、副作用が少ない便秘薬でも常用すると、だんだんと効き目が悪くなり、決められた量以上に飲むようになり、常習性が高まってやめることができなくなってしまいます。 → 便秘薬の副作用

 

今からでも便秘薬・下剤を使わないで、腸内環境を整えることで、ひどい便秘や下痢などの便通異常を改善することは可能です。便秘薬・下剤をやめるためにすべき事をまとめましたので、参考にしてください。

arrow_red 下剤・便秘薬をやめたい!まだ間に合いますか?

 

 

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

プレミアムスリムビオ バナー 

おならの悩み バナー 

エクスレンダー バナー 

同じカテゴリー「便秘解消するには」の一覧

便秘を引き起こしてしまう?食物繊維(野菜)の摂り方の注意点は!

便秘の解消には食物繊維が良いと言われていますが、食物繊維が豊富な野菜のうち、キャベツやほうれん草、レタスなどの葉もの野菜や豆類を多く摂っているのに、便秘が改善されるどころか便秘がひどくなるなんてことが […]

記事の続きを読む

便秘薬(下剤)の副作用って、どんな症状?

便秘薬(下剤)に副作用は、つきものです。効果が強ければ強いほど、副作用も強くなるのですが、長期継続使用は絶対にしないようにすることです。 便秘薬(下剤)の副作用の症状 代表的な副作用の症状をまとめまし […]

記事の続きを読む

高齢者が便秘になりやすい原因は何?その対策は!

厚生労働省の調べでは、便秘人口は男女共に65歳以上の高齢者層が最も多いようです。若いころは便秘なんて全くしなかった人も歳を取るにつれて便秘になる方は、多いようです。 高齢者が便秘になりやすい原因とその […]

記事の続きを読む

朝の決まったうんこ時間を充実させよう!

朝、排便(うんこ)を自宅で済ませてから学校や会社に行くと、清々しい気持ちでその日一日を過ごすことができます。毎朝決まった時間に排便(ウンチ)できると生活リズムも良くなります。 毎朝、決まった時間に出な […]

記事の続きを読む

便秘解消に良い炭酸水ですが、その注意点は?

便秘解消に良い炭酸水ですが、その注意点は? 炭酸水は薬ではありませんが、“用法・用量を守って”正しく飲むようにしてください。 炭酸水を飲んではいけない便秘? 次のような症状の場合、便秘が何らかの病気の […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ