MENU

肉類ばかリの偏った食事は、便秘に悪いですよ!

肉類は、確かに美味しいし、元気の源でパワーアップしたい時とかには、ガッツリ食べたいものですが、肉類に偏った食事になって摂り過ぎると便秘に悪いようです。お肉が大好きなあなた、お肉との付き合いを上手にして便秘を改善しましょう。

肉 和牛

肉類の摂り過ぎが便秘に悪い理由

我々日本人は、野菜や魚を中心とした和食をもともとは食べていたので、植物(野菜)を消化・吸収するのに適した腸になっています。しかし、食事の欧米化によって肉類を多く食べるようになり、肉類を中心とした食事をする人が多くなってきました。

 

肉類に偏った食事が便秘を引き起こす理由としては、

・消化時間が長いため腸に負担がかかり、腸の働きが低下する

・悪玉菌の好物となって悪玉菌を元気にして増殖させる

という2つの理由があります。これについて、もう少し詳しく説明いたします。

 

フルーツ 果物

肉類は消化時間が長く腸に負担

とにかく肉類の消化時間は、長いです。その他の食材と比べて見るとよく分かります。

・果物       20分~30分
・野菜       30分~1時間
・炭水化物     2~3時間
・肉類(タンパク質)  2~3時間
・肉類(脂肪分)   12時間

これを見ると、肉類が消化時間が長いことがわかります。特に脂肪分が12時間ととても長い時間がかかります。肉類でも脂肪分が多いものを食べると腸に大きな負担をかけることがわかると思います。比較的消化時間の短い野菜と一緒に食べることが、腸に負担をかけないということもお分かりいただけたと思います。

 

消化・吸収する腸に負担がかかると、腸の働きが低下します。腸のぜん動運動も動きが鈍くなると、大腸で作ったウンチを肛門まで運ぶ動きが弱いので、なかなか長い腸を進んで行くことができません。これが、便秘の症状です。

 

また、肉に含まれる栄養素は胃で殆ど吸収されてしまうため、カスがでないのでウンチの量(カサ)を増やすことができません。ウンチの量が少ないと、大腸を刺激することも少なく、大腸のぜん動運動を低下させることで、これまたウンチを肛門へ運ぶ動きが弱く、便秘の症状になるのです。

 

腸 悪玉菌

悪玉菌の栄養分となり腸内環境を悪化

肉類は、カラダを作るタンパク質が豊富に含まれているので、必要な食材ですが、必要以上摂り過ぎてしまうと、余ったタンパク質は、格好の悪玉菌の栄養分(エサ)となってしまいます。

 

腸内の悪玉菌がタンパク質をエサにどんどん元気になって増殖していくと、善玉菌を追いやって腸内のウンチを腐らせて有害物質を作り出します。その有害物質は、腸を麻痺させて腸の働きを低下させるのです。腸のぜん動運動も低下すると、ウンチは肛門へ運ばれなくなるので腸内で滞留することになります。これが便秘の症状です。

 

便秘になると、ウンチと一緒に体外へ排出されるはずの老廃物や有害物質は、そのまま腸の中にずっと残るので、腸がいつしか吸収してしまうようになります。

 

吸収された有害物質などは血液に混ざって、全身に流れていきます。全身に周った有害物質は、各臓器の機能を低下させ、体調を不調にしたり、臭いニオイの成分を含んでいるので、肺に届いて口からでると口臭に、皮膚からでると体臭となって現れます。

 

偏った食事にはこんな危険が!

肉類中心の偏った食事は、益々、悪玉菌を増やしてしまいます。悪玉菌が増えることで、体に及ぼす影響は悪いことばかりです。悪玉菌が増えてしまうと起きる現象をあげると次の通りです。困ることばかりですよね。最悪なのは大腸がんです。命に関わる病気に発展します。

便秘 いきむ女性

【 便秘 】

この悪玉菌の作り出す有害物質は腸をマヒさせ、腸の働きを低下させるため、腸のぜん動運動(ウンチを腸から肛門まで運ぶ動き)も弱くなってしまうので便秘になりやすくなります。

 

臭い 女性

【 口臭・体臭 】

便秘の症状が発生し、ウンチが腸に長い時間とどまってしまうと、ウンチと一緒に有害物質を体外に排出できないので、腸が有害物質を吸って血液に混ぜてしまいます。有害物質は血液と一緒に全身を巡って、体のあちこちに不調を引き起こします。

 

全身に有害物質が行き渡ると、体内に吸収されてしまう。それが尿、呼気、皮膚などから排出されると、口臭体臭肌あれなどが起こってくるのです。

 

大腸がん

【 大腸がん 】

肉類には脂肪も多く含まれており、脂肪の消化のために胆汁がたくさん分泌されます。胆汁の中にある胆汁酸は、通常であれば小腸で回収されるはずなのですが、肉の消化のために大量に分泌されると小腸で回収しきれないものが大腸まで流れ込みます。

 

悪玉菌が大腸でたんぱく質を分解して作る窒素酸化物は、ニトロソアミンと呼ばれ、強力な発がん物質となります。そして、悪玉菌は、小腸で吸収しきれなかった胆汁酸を二次胆汁酸(発がん促進物質)に作り変えてしまうのです。つまり、ニトロソアミン(発がん物質)と二次胆汁酸(発がん促進物質)の両方で、大腸がんや肝臓がんなどの発症リスクが高くなってしまいます。

 

さらに便秘の症状があると、うんちと一緒になっている発がん物質や発がん促進物質が、長い時間にわたって、大腸と接触していることは、より大腸の結腸部分での発がんのリスクを高めることにつながります。

 

大腸がんは、日本女性の死因の第1位で、日本男性の第3位にランクされ、とっても腸内環境の悪化と関連性のある病気と言われています。

出典:「平成27年(2015)人口動態統計(確定数)の概況」(厚生労働省)
(http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei15/dl/00_all.pdf)

 

お肉と一緒にとると良い物

でもやっぱりお肉はたくさん食べたいという場合もあります。そんな時は、消化不良にならないようにお肉と一緒に食べておくと良い物をご紹介します。

パイナップル

【 パイナップル 】

パイナップルに含まれるブロメリン (ブロメライン)という酵素は、非常に強力なたんぱく質分解酵素なので、肉類の消化を助けて、消化不良を防ぎます。さらにパイナップルには胃液の分泌を良くするクエン酸も含まれていますので、ブロメリンとの相乗効果で消化をさらに促進します。

 

しかし、ブロメリンは、加熱に弱いため60℃以上になると効果がなくなってしまいます。なので加熱処理してある缶詰などでは消化を促進する効果はありません。生のパイナップルを60℃以下で調理して食べる必要があります。

 

大根

【 大根 】

大根には消化を助けるアミラーゼ(ジアスターゼ)、プロテアーゼ、オキシターゼなどの消化酵素が含まれています。食べ方としては、大根おろしにして食べるのが一番効果的です。

 

また、大根の辛み成分であるイソチオシアネート(アリルイソチオシアネート)は代謝を高める脂肪燃焼効果や、抗酸化作用もあります。

 

善玉菌2

さらに悪玉菌を増やさないために

肉好きな人には、それでもやっぱりお肉を食べたいと思われるでしょう。であれば普段から悪玉菌の少ない状態にしておくと安心です。

 

悪玉菌は、食べるものによっても影響されますが、それ以外に生活習慣の乱れや運動不足、ストレスなどによっても悪玉菌は増えます。悪玉菌を増やさないためには、善玉菌である乳酸菌を摂り入れて増やすという方法も併用すると確実な対策となります。乳酸菌(善玉菌)が多くなって元気になると、腸内環境が改善されます。

 

すでに、かなり悪玉菌が増えて便秘や、肌荒れ、風邪を引きやすくなった、疲れが取れないなど、体のあちこちに不調として現れている場合は、乳酸菌(善玉菌)を効率よく摂ることで短期間に改善することも可能になります。

arrow_red 効率的に乳酸菌を摂って腸内環境を改善するには、こちら

 

 

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

久光製薬 バナー トレーラー

おならの悩み バナー 

美のフローラゼリー バナー 

エクスレンダー バナー 

同じカテゴリー「便秘解消するには」の一覧

便秘の時、いきむのは危険です。息まなくてもスッキリ出せます!

便秘で便が出そうになっているのに、固くなって中々出てこない時に、長い時間、いきむのは危険です。体に色々なトラブルが発生してしまいます。腸の働きが正常になると、いきむ必要なくスッキリ出せますよ。 いきん […]

記事の続きを読む

冬の便秘(便通・お通じ)は、体内乾燥が影響しているかも知れませんよ。要注意です!

寒い冬は、乾燥しやすく風邪やインフルエンザに感染したり、お肌も乾燥肌になりやすく、健康や美容に悪い影響を及ぼします。さらには体内乾燥を招いて、便秘になりやすくなってしまうんです。 体内乾燥って、何なの […]

記事の続きを読む

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進すると、便秘が改善します!

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発化することで、あなたの便秘は改善されます。蠕動運動とは、腸が収縮・弛緩をくり返して生じた波が、腸内の内容物(ウンチ)を肛門まで運ぶ動きのことです。この蠕動運動をう […]

記事の続きを読む

快便とは、健康になり痩せる・ダイエット効果のある方法なのだ!

快便ってこんなに良いものと知ることができました。食事はおいしく食べるものですが、その後もスッキリ快便といきたいものです。快便であることが、いかに毎日を明るくし、健康を維持するのに役立つかをよく知って、 […]

記事の続きを読む

便秘になりやすい食べ物とは?便秘になったら食べちゃダメだよ!

便秘になる食べ物とは? 便秘に悪いような食べ物を食べないようにを注意しておかないとダメですよ!後で大変な目に合う場合があります。便秘になりやすいという方は、普段から食べ過ぎないように注意しておくといい […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ