MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  腸内環境改善のQ&A  >  食べてないのに太る原因って何?運動もしてるのに、有酸素運動が逆効果?

食べてないのに太る原因って何?運動もしてるのに、有酸素運動が逆効果?

食事は野菜中心にしてカロリーを摂り過ぎないよう注意してあまり食べないで、ウォーキングもほぼ毎日やっているのに痩せるどころか太ってきた、なんてことはありませんか?もしかして、便秘ぎみじゃないですかね。運動もしてるのに食べてないのに太る原因を説明します!

肥満 女性

食べる量を減らすということは

食べる量を減らして、運動をたくさんする。これって、摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすことなので一見、やせて当然のようにみえるかもしれません。

 

しかし、食べる量を減らすことで、基礎代謝が大きく減ってしまうといくら運動をしても基礎代謝が減った分をカバーすることができなくなってしまうのです。

 

基礎代謝が大切な理由

1日に消費するカロリー量のうち基礎代謝は60~70%も占めているのです。この基礎代謝が大幅に減ってしまっては、摂取カロリーを減らしても痩せることはありません。

 

食べる量を減らしたり、ローカロリーなものだけを食べていると栄養バランスを崩してしまいます。栄養が十分でないと栄養飢餓状態になり、少ない食べ物からの栄養を残さず吸収しようとして、腸の吸収率が高くなります。食べる量を減らしても吸収率が上がれば、さほど減らした効果はありません。

 

また、不足しているエネルギーを補おうとして筋肉を分解してエネルギーとして使うので、筋肉量が減少します。筋肉量が減ると基礎代謝も低下して、今度は脂肪を蓄積し始めます。基礎代謝のうち40%が筋肉によって消費されているのです。

 

筋肉量が落ちると基礎代謝が減ると説明しましたが、そのこと以上に問題なのは、脂肪を燃焼させる能力が落ちることです。脂肪がなかなか消費できなくなります。筋肉が少ないということは運動強度も上げることができないのでさらに脂肪を消費する条件が悪くなります。運動(ここで言う運動は体の活動すべての意味です)の効率が悪くなるので、いわゆる太りやすい体(体脂肪率の高い体)になる訳です。

 

有酸素運動は結局無駄なことに

カロリー不足が一定以上になると、筋肉を分解する割合を増やしてしまうので、一生懸命にウォーキングなどの有酸素運動をすればするほどにどんどん筋肉を分解してしまいます。そして脂肪の割合を高くしていってるのです。運動がダイエットにつながるどころか、太りやすい体質に変えてしまっている訳です。

 

食べる量が少ないと

食べる量が少ないと、どうしても作られるウンチの量も減ってしまいます。ウンチの量が減ると、腸のぜん動運動(ウンチを腸から肛門まで運ぶ動き)が弱くなってウンチが腸にとどまってしまうので、便秘という症状が起きます。

 

便秘になると、腸の中でウンチが悪玉菌によって腐らされます。そして、悪玉菌は有害物質を作るのですが、便秘のためにすぐにウンチと一緒に体外へこの有害物質を排出できないので、腸が有害物質を吸い込んで血液に混ぜてしまうのです。

 

血液が有害物質で汚れてしまうと、腸で吸収した栄養分を全身の各細胞に届ける働きが低下するため、エネルギーとして使われないで脂肪として蓄積される割合が高くなってしまいます。代謝量が減ってしまうのです。

 

このような人は、代謝が低いので体温も36℃より低いのではないでしょうか?痩せにくい体質になっている証拠です。

 

まとめ

必要なカロリー以下に食べる量を減らして、有酸素運動をすることは、かえって太りやすい体質にしているようなものです。1日に必要な栄養素をバランス良く摂ることが必要です。3食きちんと規則正しく必要量は食べるようにすることです。

 

便秘や下痢といった便通に異常がない方は良いのですが、そうでない方は腸に悪玉菌が増えて腸内環境が乱れている状態といえるので、あわせて腸内環境を整える必要性があります。

 

腸内環境を整えておくことで太りにくい体質にするサポートをしてくれます。代謝が上がり、体温も上がってくるようになり、便秘も解消されます。腸の働きが良くなることで、免疫力が高まって風邪やインフルエンザなどの病気にかかりにくくなるとか、花粉症やアトピーといったアレルギー症状がやわらいだり、肌荒れが改善されたりと様々なメリットもあります。

arrow_red 腸内環境を整えてダイエットをサポートする乳酸菌の効果は、こちら

 

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

久光製薬 バナー トレーラー

おならの悩み バナー 

同じカテゴリー「腸内環境改善のQ&A」の一覧

さつまいもは、腸内フローラに良い働きをして便詰まりを解消してくれる?

さつまいもを食べると、おなら(屁)が出やすいと聞いたことはありませんか? さつまいもは、腸内フローラを改善して腸内を整え、便をスッキリ出す働きがあるようです。 さつまいもは、何で出来ている さつまいも […]

記事の続きを読む

ニンニクの殺菌力が、腸内フローラを悪化させるの?

ニンニクは体に良いというイメージがありますが、殺菌力が強いので腸内フローラを傷めるのでは、という心配もあります。にんにくの殺菌力は、腸内フローラを悪化させてしまうのでしょうか? ニンニクの殺菌力 ニン […]

記事の続きを読む

腸内フローラを改善するのに食べておきたい食べ物(食事)とは?

腸内に善玉菌を増やして、腸内フローラを改善するために食べておくと良い食べ物があります。どんな食材を食べておくと、腸内環境を整えて腸内フローラを良い状態にすることが出来るのでしょうか? 腸内フローラも生 […]

記事の続きを読む

食物繊維は、腸内フローラを改善してくれるの?

腸内に住んでいる細菌の状態を示す腸内フローラは、食物繊維を摂ることで改善されるのでしょうか? 体の健康や美容のためにも腸内フローラを良い状態で保つことは重要なんです。 食物繊維は、どんなもの? 腸内フ […]

記事の続きを読む

腸の働きが低下するとどうなる?

腸は、カラダの中で健康に過ごすために、とても重要な役割をしています。腸の働きが低下すると、どれだけダメージを受けるか知っていますか? 腸は健康に暮らすためにとっても大切な臓器なんです。 腸の働きとは? […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ