MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  便秘解消するには  >  離乳食になると便秘になったりする赤ちゃんって大丈夫なの?

離乳食になると便秘になったりする赤ちゃんって大丈夫なの?

赤ちゃんは離乳食を食べ始めると、いままで毎日1回のウンチがあったのが出なくなって便秘かなって心配することばかりです。成長する過程では、離乳食に慣れていく上でも必要なことなので、あまり神経質にならないで、優しく見守ってあげましょう。

赤ちゃんと母親

毎日ウンチが出なくても大丈夫!

離乳食が始まると便秘になる赤ちゃんも出てきます。離乳食は生後5ヶ月くらいから少しずつ食べさせるようになります。母乳やミルクだけを与えていた時は、毎日あったウンチが離乳食を始めると3日~4日に1回になったとしても、しっかりウンチが出ていれば問題はないのです。

 

哺乳瓶 ミルクを飲む赤ちゃん

離乳食にかわることで便秘になるのは?

母乳やミルクから離乳食に変わると、離乳食というのは母乳やミルクに比べて水分が圧倒的に少ないので、離乳食に慣れるまでのところで、一時的に母乳(ミルク)を飲む量が減ると水分不足になる場合があります。

 

また、赤ちゃん自身の腸の筋肉が未発達で、うまく離乳食を消化し吸収してスムーズに排便することが出来ないこともあり、水分不足と重なって便秘になりやすくなります。

 

赤ちゃんは、母乳(ミルク)がメインだったところから、食べ物がメインで栄養を摂るように成長していく必要があり、その成長過程においては一時的に便秘になることもあります。したがって、ちょっと便の出が悪くなったくらいで離乳食から母乳(ミルク)に戻すことなく、離乳食は練習期間だと考えるようにして下さい。

 

もう少し成長が進んで1歳近くになると、便秘になる原因は食べ物だけではなくて、日中のカラダの動かし具合(運動量)や睡眠の状態など複数の要素が関係してきます。なので、運動量が少なくなっていないか、水分量が少なくなっていないかなど、気をつけて見ておく必要があります。

 

どんどん成長していくと離乳食の割合が増えて、母乳(ミルク)の量が減ってくるため、余計に水分不足なる可能性が高いので注意する必要があります。離乳食の食欲を低下させないような低カロリーの白湯や麦茶などを飲ませるようにしましょう。

 

また、便秘を起こしにくくする食物繊維を多く含む、野菜やプルーン、バナナ、さつまいもなども摂るようにすると良いでしょう。

 

腸 便秘

1歳児くらいは腸内環境が大きく変化

生まれたばかりの赤ちゃんは善玉菌(ビフィズス菌)が腸内のほとんどを占めますが、離乳期になると食べ物などから他の様々な細菌が入ってきて増え始めるので、既に1歳ぐらいではビフィズス菌はピーク時の半分以下になってしまいます。

 

ちなみにそれからも歳をとるごとに年々減少していき成年期には、1/10程度まで減り、老年期には1/1000程度までにも減ってしまいます。

 

離乳食が進む生後8ヶ月から1歳半くらいまでの間に便秘になる赤ちゃんが多いのです。3日~5日程度ウンチが出ないでもその後すんなり出れば良いのですが、固いウンチのために出血したり、まだ1歳前後なのに泣きながら踏ん張って出そうとする姿を見るのはお母さんもつらいでしょう。

 

腸の重要な働きである消化・吸収・排便という機能が、善玉菌(ビフィズス菌)が急激に減ることで腸内環境が悪化して、腸の働きを低下させているのです。離乳食中の便秘対策として水分を増やしたり、食物繊維としてバナナやプルーンを食べさせたり、お腹のマッサージなどをしても効果が見られないようであれば、善玉菌(ビフィズス菌)が少なくなったことが原因だと思われます。

 

カイテキオリゴ1-9

オリゴ糖が腸内環境を改善

赤ちゃんの腸内の善玉菌(ビフィズス菌)を増やすにはオリゴ糖が一番です。オリゴ糖は母乳に含まれる成分であり、母乳を飲むことで腸内のビフィズス菌が活発に働くことができて、赤ちゃんのお腹の調子を整えてくれています。オリゴ糖は赤ちゃんにとっても重要な栄養素と言えます。

 

オリゴ糖は、ビフィズス菌の栄養分(エサ)となってビフィズス菌を増やしたり元気にしたりしてくれます。離乳食や固形物を食べるようになって腸内に増え始めた悪玉菌の増加を抑えて、腸がしっかり働くように作用するのです。

 

天然素材のオリゴ糖であれば、薬ではないので副作用などを心配する必要もなく、赤ちゃんが食べても安心です。使い方も簡単で、ミルクや飲み物に混ぜたり、離乳食に混ぜて食べさせるだけです。ちょっと甘みが増すだけでほとんど味に影響を与えません。

 

授乳

授乳中のお母さんも便秘解消

赤ちゃんだけでなく、育てているお母さんも心配や不安によるストレス、妊娠中や育児中のホルモンバランスの乱れ、夜泣きや育児疲れによる自律神経の乱れなどによって便秘にもなりやすい状態です。

 

そんなお母さんもオリゴ糖を摂ることで、腸内の善玉菌(ビフィズス菌)を増やして、増えてしまった悪玉菌を撃退して腸内環境を整えると、善玉菌(ビフィズス菌)が腸を刺激して腸のぜん動運動(ウンチを腸から肛門まで運ぶ動き)を活発にしてスムーズな排便を実現してくれます。

 

母乳で育てているお母さんであれば、お母さんがオリゴ糖を摂ることで母乳に含まれるオリゴ糖も増やすことが出来るので、お母さんにも赤ちゃんにとってもメリットがあります。

arrow_red  赤ちゃんにもお母さんにも効果のあるオリゴ糖の詳細は、こちら

 

 

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

久光製薬 バナー トレーラー

おならの悩み バナー 

美のフローラゼリー バナー 

エクスレンダー バナー 

同じカテゴリー「便秘解消するには」の一覧

便秘の時、いきむのは危険です。息まなくてもスッキリ出せます!

便秘で便が出そうになっているのに、固くなって中々出てこない時に、長い時間、いきむのは危険です。体に色々なトラブルが発生してしまいます。腸の働きが正常になると、いきむ必要なくスッキリ出せますよ。 いきん […]

記事の続きを読む

冬の便秘(便通・お通じ)は、体内乾燥が影響しているかも知れませんよ。要注意です!

寒い冬は、乾燥しやすく風邪やインフルエンザに感染したり、お肌も乾燥肌になりやすく、健康や美容に悪い影響を及ぼします。さらには体内乾燥を招いて、便秘になりやすくなってしまうんです。 体内乾燥って、何なの […]

記事の続きを読む

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進すると、便秘が改善します!

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発化することで、あなたの便秘は改善されます。蠕動運動とは、腸が収縮・弛緩をくり返して生じた波が、腸内の内容物(ウンチ)を肛門まで運ぶ動きのことです。この蠕動運動をう […]

記事の続きを読む

快便とは、健康になり痩せる・ダイエット効果のある方法なのだ!

快便ってこんなに良いものと知ることができました。食事はおいしく食べるものですが、その後もスッキリ快便といきたいものです。快便であることが、いかに毎日を明るくし、健康を維持するのに役立つかをよく知って、 […]

記事の続きを読む

便秘になりやすい食べ物とは?便秘になったら食べちゃダメだよ!

便秘になる食べ物とは? 便秘に悪いような食べ物を食べないようにを注意しておかないとダメですよ!後で大変な目に合う場合があります。便秘になりやすいという方は、普段から食べ過ぎないように注意しておくといい […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ