MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  便秘解消するには  >  妊婦が便秘になりやすい理由とは?便秘が赤ちゃんに与える悪影響とは?

妊婦が便秘になりやすい理由とは?便秘が赤ちゃんに与える悪影響とは?

普段は、便秘などしたことのない女性であっても妊娠すると便秘になりやくすなります。これは、赤ちゃんを体内で育てて、元気な赤ちゃんとして出産するためのカラダの働きなのでしかたのないことです。しかし、妊婦の便秘は赤ちゃんに悪影響を与えてしまうのです!

赤ちゃん 秋

妊娠初期の便秘の原因とは?

女性は生理周期というものがあったりするため男性に比べて便秘になりやすいと言われます。妊娠すると今まで便秘になったことがなかった方も便秘になりやすくなります。これは、妊娠によって体内で様々な変化が起こるためで、原因としては主に以下の4つが挙げられます。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)の増加

妊娠すると体内のホルモンバランスが変化します。体温を高めて受精や着床がしやすくなる環境を作る作用をもつ『プロゲステロン(黄体ホルモン)』が妊娠を助けるホルモンとして増加するのです。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)は、赤ちゃんを守るために色々な働きをするのですが、お腹の中の赤ちゃんが水分不足にならないように体内に水分をため込むため、大腸の方は水分不足ぎみになりウンチの水分が少なく固いウンチになります。

 

また、子宮の中の赤ちゃんが流産や早産にならないように、胃や腸などの筋肉の運動が制限されるため、腸のぜん動運動(ウンチを腸から肛門まで運ぶ動き)も弱くなってしまうことで、ウンチが排出されにくくなってしまうのです。

 

食生活の乱れ

妊娠初期は、つわりがきつく、吐き気や嘔吐、だるさ、頭痛、眠気、食欲不振であったり、食べ物や匂いに対して好みが変化します。つわりの症状が悪化し、しだいに食事や水分が摂取できなくなると、食べるものに偏りが出てきて、排便をスムーズにしてくれる食物繊維や水分が不足するため、ウンチの量が少なくて便意を感じにくくなったり、ウンチが固くなったりして、便秘になりやくなってしまいます。

 

自律神経の乱れ

妊娠初期は、ホルモンバランスが崩れて体調不良からくる疲れや、生活が制約されることで、ストレスを感じやすかったり疲れやすくなります。そのため自律神経も乱れやすく、イライラ、不眠、うつ、不安感が強まるなどの症状が出やすくなります。また、自律神経は胃や腸をコントロールしているので、自律神経の乱れは腸の働きを低下させてしまい、ウンチのぬスムーズな排便ができにくくなるため便秘を引き起こしてしまいます。

 

運動不足

妊娠初期は、つわりがひどかったりお腹が大きくなってきたりで、動くのがおっくうになったり、母体を必要以上にいたわり何も動かないことで超、運動不足になったりしていませんか?

 

医師に止められていなければ、妊娠中であっても適度な運動をしないと便秘になりやすくなります。適度な運動は腸を刺激して、腸のぜん動運動を活発にしたり、自律神経を整える作用もあるので、腸の働きが正常化します。

 

女性 トイレ 便秘

妊娠中期~後期の便秘の原因

妊娠も中期を越えてくると赤ちゃんのいる子宮もだんだんと大きくなってきます。大きくなった子宮は小腸や大腸を圧迫して背中側に押しやってしまいます。大腸は、子宮に圧迫されている部分の腸管が狭くなってウンチが詰まってしまったり、ぜん動運動が弱くなったりして、腸内にウンチが長くとどまることで大腸が必要以上に水分を吸収して固いウンチになることで、スムーズに排便出来ないため便秘になってしまいます。

 

お腹の中の赤ちゃん

便秘になると赤ちゃんへの影響は?

便秘になって腸が汚れると、腸内に悪玉菌が増えて腸内環境が悪化します。悪玉菌が増えると便秘で腸内に残っているウンチを腐敗させて有害物質を作り出します。

 

有害物質を腸が吸収してしまうと、そのままその有害物質は血液に溶け込んで全身に行き渡ります。有害物質で血液が汚れると血流が悪くなり、少なからずお腹にいる赤ちゃんにも悪い影響を与えてしまうのです。

 

便秘のままで陣痛を迎えると、子宮がウンチに圧迫されて微弱陣痛になったり、最悪は赤ちゃんを生むのと同時に排便することになり、赤ちゃんをウンチで汚してしまうことになる実例もあります。

 

しかも母親の悪い腸内環境がそのまま赤ちゃんに引き継がれる可能性が高く、生まれた赤ちゃんも腸内環境が悪化して便秘や下痢になりやすくなったり、免疫力さえも弱くなり、病気にかかりやすいとか、アレルギー症状を引き起こしやくsくなったりするとされています。

 

スッキリ排便 うんち

妊娠中の便秘を解消するには

女性のカラダが妊娠するとお腹の中の赤ちゃんを守るために必要な女性ホルモンの分泌を促すことは当然のことです。赤ちゃんを守るためにプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が多くなると便秘になるリスクが高まりますので、普段からプロゲステロン(黄体ホルモン)増になってもいいように対策しておくことが、妊娠中に便秘で苦しまない方法です。

 

便秘になれば、薬(医薬品)である便秘薬や下剤を使うのも赤ちゃんへの影響を考えると、多く使用したくありません。できるだけ自然な形で便意を感じて排便することが理想となります。

 

母親の腸内環境が赤ちゃんにも引き継がれることを考えると、妊娠中から腸内環境を改善して便秘を解消し、キレイな腸内環境を赤ちゃんにも継がせてあげたいと思いませんか?

arrow_red 妊婦さんにも安全でキレイな腸内環境を赤ちゃんにも引き継がせたいなら、こちら

 

 

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

天然美通 バナー トレーラ2

同じカテゴリー「便秘解消するには」の一覧

風邪薬を飲みだしたら便秘に!これって副作用なんですか?

風邪をこじらせないために、風邪薬を飲み続けていたら便秘をひどくしていたんです!風邪と便秘がこんなに関係していたなんて知らなかったんです。元気になるために早めに飲んでいた風邪薬が、実は免疫力を落としたり […]

記事の続きを読む

冬でも痩せられる効果的なダイエット方法なんてあるの?

夏はヤセて冬は太るもんだと思っていませんか?実は冬が痩せるのには一番の季節なんです。なのに冬に太ってしまうのは、食べ過ぎることと寒くて動かなくなることなんです。冬にダイエットして、みんなをあっと言わせ […]

記事の続きを読む

食物繊維の多く摂れるサプリを活用!便秘もダイエットも効果バツグン?

便秘もしてるし、ダイエットも思うようにいかない あなた! 食物繊維の多いものを摂ることで、この悩み両方一緒に解決できます。しかも健康なカラダになれるので、お肌トラブルが改善されたり、免疫力(抵抗力)を […]

記事の続きを読む

胃腸薬(胃薬)を飲み続けると便秘なるのは本当?

最近、胃の調子が悪いのでしばらく胃薬を飲んでいたら、あれ便秘気味になってきたと感じるようになりました。胃腸の薬なのに、胃腸の働きを悪くして便秘って? 一体、どうしてなのか不思議なので調べてみました。 […]

記事の続きを読む

朝の決まったうんこ時間を充実させよう!

朝、排便(うんこ)を自宅で済ませてから学校や会社に行くと、清々しい気持ちでその日一日を過ごすことができます。毎朝決まった時間に排便(ウンチ)できると生活リズムも良くなります。 毎朝、決まった時間に出な […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ