MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  乳酸菌のQ&A  >  過敏性腸症候群の治し方!下痢や便秘が続いていませんか?

過敏性腸症候群の治し方!下痢や便秘が続いていませんか?

最近、下痢便秘を繰り返したりしていませんか? 『過敏性腸症候群』(IBS)にかかっている可能性があります。病名をはっきりさせ、早めに治しましょう!

腹痛 張り 女性

 過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群は、検査をしても腸に炎症や潰瘍などの異常が認められないのに下痢便秘腹痛腹部の不快感といった症状が起こることで、以下の4つのタイプがあります。

【 下痢型 】
突然、腹痛を伴う下痢が起きます。通勤中、仕事中、いつでも発生してしまいます。男性に多いタイプです。

【 便秘型 】
便意はあるが、なかなか便が出てこなく、排便するのに苦労します。固くコロコロと細切れの便になりやすい。女性に多いタイプです。

【 交代型 】
下痢と便秘を数日おきに繰り返す。

【 ガス型 】
ガスが腸内に溜まりやすいため、頻繁にガスがオナラとして出てしまうのがこのタイプです。

 

過敏性腸症候群の4つのタイプに共通して、その主な原因はストレスだと考えられてきました。しかし、調べていくうちにストレスが原因となるものは、約4割で、ストレス以外でも過敏性腸症候群になるということが解ってきました。

 

ストレス 女性

ストレスを原因とするもの(約4割)

脳からのストレスは、そのまま腸の過敏状態を引き起こし、少しの刺激でも痛みや不快感を感じて来るようになると、それがストレスになってしまいます。

 

また、その状態が続くと今度は脳も過敏状態になり、ささいなこともストレスに感じるようになります。脳と腸は密接な関係にあるだけに、脳の過敏状態→腸の過敏状態→脳の過敏状態→腸の過敏状態というように悪循環になって症状は悪化してしまうようです。

 

ストレス以外の要因としては、

苦しむバイ菌

腸内細菌を原因とするもの(約4割)

過敏性腸症候群は、ストレスが原因となるものが約4割と言われていますが、ストレス以外の要因としては、腸内細菌を原因とするものが約4割あるということが発見されました。

 

腸内細菌は誰の腸の中にも棲んでいるものなのですが、普段は「大腸」に棲みついています。

 

しかし、風邪や食あたりなどでお腹を壊すと、免疫機能が低下することにより、腸内細菌は小腸にも棲みつく場合があります。本来、小腸には腸内細菌がほとんどいません。

 

小腸は腸内細菌を異物と判断し、腸のぜん動運動(食べたものを大腸に運ぶ動き)を活発にして小腸から追い出そうとして、食べ物を未消化のまま大腸に送り出してしまいます。そして、下痢になるのです。

 

薬やめたい

薬を原因とするもの(約2割)

胃酸を抑える薬や高血圧の治療薬や鎮痛剤などを飲み続けたり2種類以上の飲み合わせにより、薬を分解する酵素が不足すると、分解されないまま大腸に到達し、大腸は薬の成分を有害物質と判断して大腸で吸収しなくするためにコラーゲンのバリアを作ります。

 

大腸は本来、便の水分を吸収して便を程良い硬さに調整する役割を持っているのですが、腸壁をバリアで覆ってしまうと十分な水分をウンチから吸収出来ずに水っぽいまま(下痢の状態)で排便してしまいます。過敏性腸症候群の原因の約2割に相当します。

 

急いでトイレ

過敏性腸症候群の対処法について

ここでは、ストレスや生活の乱れが原因の場合の対処法についてのみ、説明いたします。

過敏性腸症候群の対処法は、急激に改善されるものではなく、ゆっくりと症状が改善していくことが必要で、良くなってきたと実感できるのに長期間かかるものと認識し、毎日きちんと根気強く治療をしていく必要があります。

 

腸管はストレスに反応しやすくなっているため、食事を規則正しくとり、夕食は腹八分目とし、刺激物脂肪分の多いものは避けるようにして、食物繊維の多い食品や乳酸菌食品を意識して摂取することで症状を改善させることができます。

 

また、腸内の善玉菌(乳酸菌)の数を増やして、腸内環境を整えておくことで、腸が過敏に反応して下痢や便秘、おならなどを引き起こすことは改善されます。腸が正常に機能していると、ストレスによってお腹を壊すことも少なくなります。

 

 トイレ 快便女性

まとめ

脳と腸は密接な関係にあることは、説明したとおりですが、腸内に善玉菌を増やすことにより腸内環境を整えておくことは、ストレスにも過敏に腸が反応することを防ぐので、下痢や便秘やおならが出すぎるといった症状の改善や予防にもなります。

 

私も一時期、仕事でのストレスが重なって、下痢と便秘を交互に繰り返し、さらにお腹にガスがたまり、お腹のハリを常に感じていて、オナラをガマンするのが必死だったことがあります。

 

電車で長時間の通勤は、すぐにトイレに行くこともできない状態でしたので、下痢になっている時にオナラが出そうでたまらなくなると、もうどうしていいかパニックになることもありました。

 

そんなピンチを救ってくれたのが、乳酸菌サプリでした。善玉菌(乳酸菌)を増やして腸内環境を整えるのに、一番即効で効率良く短期間で出来るのは乳酸菌を活用することだと確信しました。

 

私が、実際に使って軟便(水様便)を治した体験記をまとめみました。

arrow_red 腸内環境を整えて、下痢や便秘に効果のあった乳酸菌は、こちら

 

 

タイプ別の善玉菌サプリメント

乳酸菌革命 タイプ1

免疫力をアップし、アレルギー軽減する

ラブレ タイプ2

日本人に合う植物性善玉菌サプリ

美のフローラゼリー タイプ3

ヨーグルト10リットル分の乳酸菌を濃縮

カイテキオリゴ タイプ4a

固い便をやわらかくして出せるサプリ

 

 

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

久光製薬 バナー トレーラー

おならの悩み バナー 

美のフローラゼリー バナー 

エクスレンダー バナー 

同じカテゴリー「乳酸菌のQ&A」の一覧

牛乳アレルギーでも乳酸菌サプリは問題ないのでしょうか?

結論としては、牛乳アレルギー(乳製品アレルギー)であっても、『乳酸菌』自体の摂取であれば問題ないです。牛乳(乳製品)と乳酸菌ですが、どちらも「乳」という文字が付くので紛らわしいのですが、どう違うのかを […]

記事の続きを読む

便が粘り以前よりも便器にくっつきやすいんですが、何か原因があるのでしょうか。

ウンチが便器にくっついて流れにくいと、何度も何度も水を流したりと大変です。同様に、おしりにもウンチがくっつきやすいので、ウォシュレット付きのトイレじゃなかったら、おしりを拭くのも大変です。どうにか出来 […]

記事の続きを読む

乳酸菌は下痢にも効くの? 乳酸菌サプリで腸内環境を改善すればOK!

乳酸菌(サプリメント)と言えば、便秘に効果があることで知られていますが、その逆の下痢にも効果があるのでしょうか? 乳酸菌で腸内環境を改善すれば、便が下っていても治るものなのでしょうか。 下痢の原因とは […]

記事の続きを読む

乳酸菌が不足すると出る症状とは? 不足する原因は?

乳酸菌を摂ると腸内環境が改善されて、腸の働きが良くなって便秘の解消をはじめとして、様々な点で健康に良いことが多いすぐれたものです。では、乳酸菌が不足するとどんな影響がカラダに出るのでしょうか? 乳酸菌 […]

記事の続きを読む

ヨーグルトは大腸がんのリスクを高めてしまう可能性のある食べ物だった?

ヨーグルトは免疫力をアップして大腸がんなどの癌の予防になると思っていたのに、意外や、大腸ガンになる危険性を高めてしまうことがわかってきたようです。   大腸がんは、日本女性の死因の第1位で、 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ