MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  腸内環境改善のQ&A  >  見た目年齢は、腸年齢(腸内環境の状態)で若くも年寄りにもなる!

見た目年齢は、腸年齢(腸内環境の状態)で若くも年寄りにもなる!

見た目年齢は、肌の状態である肌年齢によって大きく左右され、肌年齢が若いほど見た目年齢も若く見られます。肌年齢は、腸年齢に影響されます。腸年齢が高いと、どうしても見た目年齢も高く見られるようになるようです。

腸年齢とは?

腸内環境の状態によって、腸年齢を判断することができます。腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスによって変ってきます。悪玉菌が多く、善玉菌が少ないという腸内環境が悪化した状態であれば、腸年齢も実年齢よりも高い老化した腸ということになります。

 

たとえ、実際の年齢が20~30歳と若くても、食生活や生活習慣の乱れ(肉類やファストフード、インスタント食品などが多い食事や、不規則な時間での食事、睡眠不足など)や、ストレス、運動不足、飲酒・喫煙などによって、腸年齢はすでに50代~60代になっている若者も増えています。

 

年齢が高くなるに従って善玉菌が減ってきたり、悪玉菌が増える状態になりやすくなります。食事に気を使ったり、規則正しい食生活や生活習慣、適度な運動などをしていても、それだけでは腸内環境の悪化を止めることは不十分なので、積極的に善玉菌を増やすようにすることが重要です。

 

腸年齢を調べるサイトも色々ありますが、興味のある方は、こちらで腸年齢を計ってみてください。

→ あなたの腸年齢は何歳? 腸年齢を調べてみるなら、こちら

 

見た目年齢

外側からの見た目ばかりを気にして、肌に直接対策するスキンケアとか、極端な食事制限によるダイエットとかで肌や体型を気にし過ぎてはいませんか? カラダの内側、腸内環境を良くして腸年齢を若くすることが、すなわち、見た目年齢を若くすることにつながると知っていますか?

 

腸年齢が若い、つまり腸内環境が整っていると、便通が良いので有害物質や老廃物をカラダに溜めることなく、排出することができることや免疫力をアップすることができるので、カラダを有害物質から守って若さを保つように働いてくれるのです。見た目年齢を若くするには、腸内環境を整えて、腸年齢を若くすることがとても効果的であると言えます。

 

腸年齢が高いとどうなる?

腸年齢が高い、つまり腸内環境が悪化していると悪玉菌が多く、悪玉菌は腸内で有害物質をどんどん作り出していきます。悪玉菌の作り出す有害物質は、腸を麻痺させて腸のぜん動運動(ウンチを腸から肛門まで運ぶ動き)を低下させて、ウンチがスムーズに排出されな便秘の状態にしてしまいます。

 

口臭・体臭

便秘になると有害物質がすぐにウンチと一緒に排出されないので、腸はその有害物質を吸収して血液に混ぜて全身に送り出します。そして肺を通じて口から口臭となって出たり、肌からも体臭として出ていきます。

 

肌荒れ

全身にバラまかれた有害物質を毛穴から体外へ放出することが忙しくなると、肌の新陳代謝のタイミングを狂わせてしまうことになり、肌のターンオーバーがうまくいかず、肌が荒れたままになります。同様に、ニキビや吹き出物もできやすくて、治りづらい状態になるので最悪のお肌状況になってしまいます。

 

太りやすい

吸収した有害物質や老廃物が血液に混ざると、血液を汚してしまい、汚れた血液は、ドロドロ血液となって血流が悪くなるばかりではなく、十分な酸素や栄養分を全身の細胞に運ぶことは出来なくなる訳です。細胞は酸素が十分にないと、食べた物のカロリー(エネルギー)を効率よく燃焼できなくなり、脂肪としてカラダに蓄積してしまうことになります。

 

このように、腸年齢が高いとカラダに大きなダメージを与えてしまうので、見た目年齢も高く見られがちになり、老けて見えるようになってしまうのです。

 

見た目年齢を若くするには!

見た目年齢を若くするには、腸内環境を整えて腸年齢を若くすることです。一旦、腸内環境が悪化して腸年齢が高くなった方でも、今から腸内環境を改善していけば、腸年齢を若くすることだって可能です。

 

早く、腸内に善玉菌を増やして、腸内環境を整えてあげれば、腸年齢は若くなりカラダへのダメージは少なくなるので、新陳代謝もよくなって、肌もキレイになり見た目年齢は、どんどん低くなっていく可能性も高いのです。

 

それには、食生活や生活習慣も改善し、野菜の多い和食を中心とした食事を規則正しく摂って、適度な運動をすることも大切ですが、短期間で効果を出すためには、善玉菌(乳酸菌など)をたくさん摂ったり、善玉菌の栄養分(エサ)となる食物繊維やオリゴ糖を摂ることが有効です。

 

たくさんの善玉菌(乳酸菌など)を摂るには、1回でヨーグルトの100食分(100g×100個)も摂ることができて、食物繊維やオリゴ糖といった善玉菌の栄養分(エサ)も一緒に配合されているそんな便利なものがある訳ですよ。カプセル状で簡単に摂ることができるので、毎日続けることも出来ちゃいます!

 腸内環境を整えて腸年齢を若くするには、こちら

 

 

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

久光製薬 バナー トレーラー

おならの悩み バナー 

同じカテゴリー「腸内環境改善のQ&A」の一覧

便秘じゃないのにおならが臭い! オナラ対策はどうするの?

便秘だとオナラが臭くなるとよく聞くけれど、便秘じゃないのにおならが臭いのはどうして?   臭いオナラの元は、アンモニア・アミン・硫化水素・スカトール・インドールなどの成分です。   […]

記事の続きを読む

さつまいもは、腸内フローラに良い働きをして便詰まりを解消してくれる?

さつまいもを食べると、おなら(屁)が出やすいと聞いたことはありませんか? さつまいもは、腸内フローラを改善して腸内を整え、便をスッキリ出す働きがあるようです。 さつまいもは、何で出来ている さつまいも […]

記事の続きを読む

ニンニクの殺菌力が、腸内フローラを悪化させるの?

ニンニクは体に良いというイメージがありますが、殺菌力が強いので腸内フローラを傷めるのでは、という心配もあります。にんにくの殺菌力は、腸内フローラを悪化させてしまうのでしょうか? ニンニクの殺菌力 ニン […]

記事の続きを読む

腸内フローラを改善するのに食べておきたい食べ物(食事)とは?

腸内に善玉菌を増やして、腸内フローラを改善するために食べておくと良い食べ物があります。どんな食材を食べておくと、腸内環境を整えて腸内フローラを良い状態にすることが出来るのでしょうか? 腸内フローラも生 […]

記事の続きを読む

食物繊維は、腸内フローラを改善してくれるの?

腸内に住んでいる細菌の状態を示す腸内フローラは、食物繊維を摂ることで改善されるのでしょうか? 体の健康や美容のためにも腸内フローラを良い状態で保つことは重要なんです。 食物繊維は、どんなもの? 腸内フ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ