MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  乳酸菌のQ&A  >  腸内細菌は、腸内環境にとってどんな働きや影響を与えているの?

腸内細菌は、腸内環境にとってどんな働きや影響を与えているの?

腸内環境腸内細菌のバランスによって良くも悪くもなります。腸内細菌の働きや体に与える影響を知って、健康と美容を維持しましょう。

腸内細菌の種類

小腸や大腸と言った腸内には、100種から3000種類の数にして100兆個から1,000兆個の腸内細菌が生息していて、その重さは、何と約1.5~2kgにも相当します。

 

腸内細菌は、大きく3つに分けることができます。善玉菌と悪玉菌と日和見菌(ひよりみきん)です。それらを表にまとめてみました。

   主な菌 働き  影響 
善玉菌
(有用菌)

乳酸菌(小腸・大腸)

ビフィズス菌(大腸)

 ・消化を助ける
・アミノ酸やビタミンを合成
・ぜん動運動の促進(下痢や便秘の改善)
・免疫力を高める など
悪玉菌に比べて善玉菌が多い状態であると、体の健康維持や美容(アンチエイジング)にも良い影響を与える。
悪玉菌
(有害菌)

ウェルシュ菌

大腸菌(有毒株)

ブドウ球菌

・ウンチを腐らせる
・臭いガスを発生
・有害物質を作る
・発がん性物質を作る
悪玉菌の勢力が強くなると、悪玉菌の作る有害物質によって体の様々な部分に不調(病気)が発生するようになる。
日和見菌

ヤセ菌
(バクテロイデーテス類)

デブ菌
(ファーミキューテス類)

大腸菌(無毒株)

 ・ヤセ菌は、脂肪吸収を防いだり、脂肪燃焼を活発にする。

・デブ菌は、カラダに必要以上の栄養分も吸収して体内にため込む。

善玉菌と悪玉菌のバランスが良い時は、特に何もしないが、悪玉菌が優勢になると、悪玉菌を応援して、体に悪い影響を与える。

ヤセ菌が多いと太りにくいが、デブ菌が多いと太りやすい。

 

善玉菌(有用菌)

乳酸菌やビフィズス菌が代表的な善玉菌は、体にとって健康を維持する働きをしてくれます。善玉菌が増えて元気になると体に良いことばかりです。

 

善玉菌の良い働きを以下に挙げてみました。

 

消化の助けをする

善玉菌は小腸で消化・吸収しきれなかった食べ物の消化を助けたり、ヒトの消化酵素では分解されないデンプンやグリコーゲン以外の多糖類(食物繊維など)を分解することが出来ます。

 

ビタミンなどを合成

ヒトが作ることの出来ない必須アミノ酸やビタミン(ビタミンB1、B2、B6、B12など)を合成します。さらに、短鎖脂肪酸(酢酸、プロピオン酸)、男性ホルモン・女性ホルモン・副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンなども作ります。

 

便通の改善

善玉菌が作る乳酸や酢酸の刺激によって腸のぜん動運動(ウンチを腸から肛門まで運ぶ動き)が活発になり、ウンチが腸から肛門までスムーズに運ばれて、ウンチを腸に滞留(便秘)させることなく、快便になるように働きます。

 

免疫力を高める

善玉菌の成分が、腸の免疫機能を活性化する働きがあるので、外から入ってくる体に害を及ぼす細菌やウィルス、体内で作られるがん細胞を素早く見つけて、死滅させます。

 

免疫力を高めることで、風邪やインフルエンザにかかりにくくなったり、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状も抑えることが可能になります。

 

悪玉菌(有害菌)

悪玉菌は、増えると有害物質をたくさん作り出してしまいます。有害物質は、腸をマヒさせてしまうと腸の働きが低下してしまいます。そうなると、以下のような体に悪い症状が出てきます。

 

便通の異常

腸のぜん動運動も低下してしまうと、ウンチをスムーズに腸から肛門まで運ぶ動きが出来ないため、ウンチを腸内に長い間、とどまらせてしまうのです。(便秘の状態)

 

ウンチの腐敗

腸内のウンチは悪玉菌によって腐らされて、さらに有害物質が作り出されます。そして、その有害物質は腸壁から体内に吸収されて、血液と混ざって全身を巡ることになります。

 

口臭・体臭

有害物質が血液に混ざって全身をまわると、肺を通じて口から出てくると口臭に、肌や皮膚から出てくると体臭となってしまいます。

 

肌荒れ

有害物質を毛穴から体外へ放出することが忙しくなると、肌の新陳代謝のタイミングを狂わせてしまうことになり、肌のターンオーバーがうまくいかず、肌が荒れたままになり、ニキビや吹き出物もできやすくなります。

 

病気や大腸がん

有害物質で血液が汚れると、血液中の免疫細胞も十分に働くことが出来なくて、外部から入ってきた体に害を及ぼす細菌やウィルス、体内で作られるがん細胞を素早く見つけることが出来ずに、病気にかかりやすくなったり、大腸がんを発症しやすくなります。

 

大腸がんは、日本女性の死因の第1位で、日本男性の第3位にランクされ、とっても腸内環境の悪化と関連性のある病気と言われています。

出典:「平成27年(2015)人口動態統計(確定数)の概況」(厚生労働省)

 

免疫力、アレルギー症状の悪化

有害物質で血液が汚れると、血液中の免疫細胞の働きも悪くなって、免疫力が低下します。免疫力が低下すると、外部からの異物に対して異常に過剰反応してしまい、アトピーや花粉症、アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を悪化させてしまいます。

 

 

日和見菌

日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のバランスが良いときは、どちら側にも味方をすることなく、中立の立場をとっていますが、悪玉菌が優勢になると悪玉菌の味方をし、善玉菌が優勢になれば善玉菌の味方をする都合の良い腸内細菌です。

 

日和見菌は、大きく2つに分けるとヤセ菌とデブ菌に分かれます。ヤセ菌が多いかデブ菌が多いかで、痩せやすいとか太りやすいとかの違いになってきます。

 

善玉菌が優勢で腸内環境が整っていると、ヤセ菌の割合も多く、悪玉菌が優勢で腸内環境が悪化しているとデブ菌の割合が増えるようです。

・ヤセ菌(バクテロイデーテス類)
 ヤセ菌は、糖を発酵させたり、脂肪細胞に働きかけて脂肪吸収を防いだりします。さらには、筋肉に作用して脂肪燃焼を活発にする働きもあります。

・デブ菌(ファーミキューテス類)
 デブ菌は、カラダに必要以上の栄養分も吸収して体内にため込むような働きをするので太ってしまうのです。

通常の状態だと、デブ菌4割に対しヤセ菌6割のバランスなんですが、太りやすい人はデブ菌の割合が多く、食べても太らない人は、ヤセ菌の割合が多いということになります。

 

善玉菌を増やすには

善玉菌が多くて優勢な腸内環境にするのが良いと理解できると思います。とにかく早急に腸内環境を改善して便秘を治したいという方は、

 早急に腸内環境を改善するには、こちらを参照してください。

 

腸内環境も改善したいけど、ヤセ菌も増やして太りにくい体質に変わりたいと思う方は、

 腸内環境を整えて、ヤセ菌も増やしたい方は、こちらを参照下さい。

 

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

久光製薬 バナー トレーラー

おならの悩み バナー 

同じカテゴリー「乳酸菌のQ&A」の一覧

ネバネバした粘着便をスルッとしたうんちに改善するには、腸の働きを良くする!

ベトベト、ネバネバとして粘着質のある便を粘着便と言います。   粘着便になりやすい人は、ほとんどが腸の働きが低下していると考えられます。   粘着便は治すことができるんです。早急に […]

記事の続きを読む

チーズは腸に良い食材? 腸内フローラを良くする働きがあるんですか?

チーズは、栄養豊富な食材で知られていますが、発酵食品であることから腸にとても良い食材であります。   日本には昔から伝統的な発酵食品として、納豆や味噌、醤油、漬け物などがあります。発酵食品に […]

記事の続きを読む

牛乳アレルギーでも乳酸菌サプリは問題ないのでしょうか?

結論としては、牛乳アレルギー(乳製品アレルギー)であっても、『乳酸菌』自体の摂取であれば問題ないです。牛乳(乳製品)と乳酸菌ですが、どちらも「乳」という文字が付くので紛らわしいのですが、どう違うのかを […]

記事の続きを読む

粘りのある便(大便)で便器にくっつきやすいんですが、何か原因があるの?

くっつきにくいウンチにするには ↓ ↓ クリック 粘りのある便(粘着便)で困っていませんか? 大便・ウンチが便器にくっついて流れにくいと、何度も何度も水を流したりと大変です。   同様に、お […]

記事の続きを読む

乳酸菌は下痢にも効くの? 乳酸菌サプリで腸内環境を改善すればOK!

乳酸菌(サプリメント)と言えば、便秘に効果があることで知られていますが、その逆の下痢にも効果があるのでしょうか? 乳酸菌で腸内環境を改善すれば、便が下っていても治るものなのでしょうか。 下痢の原因とは […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ