腸内環境の改善によるダイエット効果の秘密!

MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  腸内環境改善のQ&A  >  腸内環境を改善すると、どうしてダイエットにつながるかの秘密!

腸内環境を改善すると、どうしてダイエットにつながるかの秘密!

腸内環境改善すると、腸内細菌の種類のバランスが変わって、自然と太りにくい体質に改善されます。どうして腸内環境を改善することで、ダイエット出来るのかの秘密を説明します。

腸内環境を改善するとダイエットになる理由1

腸内環境が悪化していると、悪玉菌が腸の働きを低下させて悪玉菌の作る有害物質で血液を汚すことから、新陳代謝を悪くして、太りやすい体質にしてしまいます。

 

しかし、善玉菌を増やして腸内環境を改善すると、血液がキレイになって新陳代謝が上がりダイエット効果も生まれるということです。

 

悪玉菌が作る有害物質

悪玉菌がエサとして好む肉類の脂肪分やタンパク質を摂りすぎると、小腸で分解しきれずに未消化のまま大腸まで届きます。

 

大腸内にいる悪玉菌は、大好物のエサが来ると、それを腐敗させて有害物質を作り出します。腸が正常に働いていると、有害物質を便(ウンチ)と一緒にすぐに排出するのですが、悪玉菌の作る有害物質が多くなると、腸をマヒさせて腸の働きを低下させて便秘の症状を引き起こします。

 

これは、腸のぜん動運動(便を腸から肛門まで運ぶ動き)が鈍るために、ウンチをスムーズに肛門まで運んで排出することができなくなるためです。

 

こうなると、老廃物や有害物質を体外に出してしまうことが出来ないため、腸壁が老廃物や有害物質を吸収してしまい血液中に取り込んでしまいます。血液は老廃物や有害物質によって汚されてしまう訳です。

 

有害物質で血液ドロドロ

たくさんの有害物質が血液に混ざると、血液は汚れてしまい血液ドロドロになり血流が悪くなります。血液ドロドロ状態になると、血液によって全身に行き渡るはずだった栄養分は、血流が悪いため全身の細胞に行き渡らすに代謝が低下します。

 

代謝されない栄養分はエネルギーとして使われずに、脂肪に変換されます。脂肪に変換されてもすぐに消費されれば良いのですが、運動不足だと、皮下脂肪や内臓脂肪となって蓄えられ、肥満になってしまいます。

 

善玉菌が増えると

悪玉菌が増えるために腸内環境が悪化して太りやすい体質になることを説明しましたが、善玉菌を増やすことで悪玉菌を減らす効果があります。

 

というのも善玉菌が増えると善玉菌の作る乳酸によって腸内は弱酸性に保たれます。酸性の環境を嫌う悪玉菌は、善玉菌が増えて酸性に保たれた環境では、増えることができずに減ってしまうのです。

 

体の健康状態を悪くして、太りやすい体質にしてしまう悪玉菌を減らし、有害物質の少ないキレイな腸内環境になることで、血流が良くなり新陳代謝が上がります。

 

悪玉菌が減って腸内環境が改善されると、太りにくい体質になり、今までと同じ量を食べてもエネルギーで消費されやすいので、ダイエット効果が期待できるのです。

 

腸内環境を改善するとダイエットになる理由2

腸内には代表的な3種類の腸内細菌である善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)がいますが、腸内細菌の全体の7割を占める日和見菌のうちのデブ菌とヤセ菌が、ダイエットのカギを握っているようです。

 

デブ菌、ヤセ菌の存在

日和見菌は、大きく分けるとヤセ菌とデブ菌の2種類に分けることが出来ます。肥満の原因として、デブ菌ヤセ菌が大きく関わっています。

 

・デブ菌(ファーミキューテス類)
 デブ菌は、カラダに必要以上の栄養分も吸収して体内にため込むような働きをするので太ってしまうのです。

・ヤセ菌(バクテロイデーテス類)
 ヤセ菌は、糖を発酵させたり、脂肪細胞に働きかけて脂肪吸収を防いだりします。さらには、筋肉に作用して脂肪燃焼を活発にする働きもあります。

通常の状態だと、デブ菌4割に対しヤセ菌6割のバランスなんですが、太りやすい人はデブ菌の割合が多く、食べても太らない人は、ヤセ菌の割合が多いということになります。

 

デブ菌

食事を食べると、通常は必要な栄養分として80%を小腸で吸収し、残りの20%程度は不要なものとして吸収することなく、大腸を通ってウンチに混ぜて排出します。

 

しかし、デブ菌(ファーミキューテス)の割合が高いと、この捨ててしまう部分も吸収して体内にため込むので太ります。

 

ヤセ菌

ヤセ菌(バクテロイデーテス)が作り出す短鎖脂肪酸は、腸から吸収され血液に混ざって全身を巡り、脂肪細胞に働きかけて、脂肪の取り込みをブロックして体に余分な脂肪の蓄積を防ぎます。

 

また、ヤセ菌が作り出す短鎖脂肪酸は筋肉に作用して、脂肪の燃焼を高めてくれます。

 

ヤセ菌が増えるとダイエット効果大

腸内にはデブ菌とヤセ菌が存在し、そのバランスによって太りやすくなったり、痩せやすくなったりするということになります。

 

腸内環境が改善されて整うと、ヤセ菌(バクテロイデス)が増えて、デブ菌(ファーミキューテス)が減ることが分かっています。

 

腸内に善玉菌を増やして、腸内環境を整えることで、デブ菌とヤセ菌の比率を変えて、ヤセ菌を増やすことが出来るのです。腸内に善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌などが、元気でたくさんいるようにすることで、ヤセ菌の活動が活発になりダイエット効果を期待することが出来ます。

 ダイエットをサポートする善玉菌は、こちら

 

 

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

久光製薬 バナー トレーラー

おならの悩み バナー 

美のフローラゼリー バナー 

エクスレンダー バナー 

同じカテゴリー「腸内環境改善のQ&A」の一覧

あなたの疲れや病気を防ぐ『免疫力』、腸が大切なので腸内環境を整えアップする!

腸内環境が整っていないと、免疫力(抵抗力)が低くなってしまいます。「免疫力」が低下してしまうと、疲れやすくなったり、疲れが取れにくくなったり、病気にかかりやすくなったりしてしまうのです。免疫力について […]

記事の続きを読む

便秘を改善したいなら、腸内環境を改善すること!短期間で改善するには?

便秘を改善したいなら、まずは腸内環境を改善して整えることです。腸内環境が改善されると便秘解消される場合が多いのは、腸内に増えてしまった悪玉菌が作る有害物質の影響によることが多いからです。 腸内環境が悪 […]

記事の続きを読む

善玉菌を増やすサプリで、腸内環境を改善して毎日スッキリ!

善玉菌が減りやすい現代社会では、善玉菌サプリを活用して腸内の善玉菌を増やすことが、腸内環境を改善して健康や美容を維持していくための近道です。善玉菌サプリをうまく活用し、直接腸内に善玉菌を摂り入れること […]

記事の続きを読む

善玉菌を増やして腸内環境を改善するには、どんな食べ物が良いですか?

腸内環境を改善する(よくする)には、当然のことながら食べ物(食事)にも気を使う必要があります。腸内環境を改善する方法としては、健康維持や老化防止の働きをする『善玉菌』を増やし、腸内腐敗や有害物質を作る […]

記事の続きを読む

便(ウンチ)の色が緑っぽいんですが、大丈夫ですか?

便の色が、緑色っぽい色で出てきたらビックリしますよね? ふん、フン、糞の色が緑色ですよ! 自分のカラダは、なんか変なことになってしまったんじゃないかと心配になりますよね! ウンチの色が緑色になることで […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ