腸内の悪玉菌を減らす対策とは?

MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  腸内環境改善のQ&A  >  腸内に悪玉菌を減らす(増やさない)効果的な対策!

腸内に悪玉菌を減らす(増やさない)効果的な対策!

内で増えてしまった悪玉菌を減らすための効果的な対策を取っておきましょう。一度、悪玉菌が増えてしまうと腸内は悪玉菌を増やす環境となって、様々な病気にまで進展するリスクが高くなります。

悪玉菌を減らすには・・・

悪玉菌が増えないようにするためのポイントとして、以下の4点があります。

【 悪玉菌を減らす 】
・悪玉菌の栄養分(エサ)となるものを減らす
・悪玉菌を排出する食材をとる

【 善玉菌を増やす 】
・体外から善玉菌を直接とる
・善玉菌の栄養分(エサ)をとる

 

悪玉菌のエサとなるものを減らす

悪玉菌が好きな食べ物は、肉類(動物性タンパク質)や脂肪分(脂っこいもの)です。これらを中心とした食事をしていると、どんどん悪玉菌の栄養分(エサ)を与えることになるので、悪玉菌が増えて有害物質をたくさん作り出します。

 

悪玉菌の作る有害物質はアルカリ性なので、腸内をアルカリ性に保ちます。悪玉菌はアルカリ性の環境で快適に増えていくので、ますます悪玉菌が増え続けてしまいます。

 

肉類(動物性タンパク質)

肉類は消化されにくいので、早食いや食べ過ぎ、ストレスなどで腸の働きが低下し、未消化のまま大腸まで届くと、悪玉菌の大好物のエサとなってしまいます。

 

脂肪分

脂肪分は、善玉菌のエサにはならないで、悪玉菌の大好物のエサになってしまいます。これまた、脂っこいものを摂り過ぎて脂肪分が腸内に入ると、悪玉菌を元気にして増やしてしまいます。

 

ただでさえ悪玉菌が増える腸内環境になっているところに、悪玉菌の栄養分になるものをどんどん食べてしまうと、悪玉菌が増えてしまうのは当然のことです。

 

まずは、悪玉菌のエサとなる食事を減らしましょう。

 

悪玉菌を排出する食事をとる

悪玉菌や有害物質を便と一緒に排出しやすくしてくれるものに、不溶性食物繊維があります。

食物繊維は体内の消化酵素で消化されにくいため、そのままの状態で大腸まで届き、悪玉菌を排出するように働いてくれます。

・胃や腸で水分を吸収して大きく膨らんで量(カサ)を増すことで腸を刺激し、腸のぜん動運動(便を腸から肛門まで運ぶ動きを活発にして、スムーズに排便できるようにします。

・また、水分を吸収して体積が増える過程で、腸内の悪玉菌や有害物質などを吸着して、便と一緒に排出しやすくしてくれます。

 

【 注意点 】

不溶性食物繊維は水分を吸収するためウンチに水分を与えてやわらかくなると思いますが、実際は、ウンチの中に大量に不溶性食物繊維が含まれると水に溶けないためウンチと混ざりにくく、滑りは悪くなります。

 

さらに、ウンチ自体の水分も奪ってウンチを固くしてしまうことになるので、不溶性食物繊維を摂りすぎると逆効果です。

 

善玉菌を増やす

善玉菌が増えると悪玉菌は減る

腸内に生存する悪玉菌と善玉菌の合計の数は一定に保たれています。したがって、悪玉菌が増えると善玉菌がその分減り、善玉菌が増えると悪玉菌がその分減るという関係にあります。

 

善玉菌を元気にして増やすことで、悪玉菌に対抗することができるので、善玉菌が増えた分は悪玉菌を減らすことになります。

 

悪玉菌の棲みにくい環境を作る

腸内に善玉菌が増えることで、善玉菌の作り出す乳酸や酢酸によって弱酸性の環境に保たれます。酸性の環境は、善玉菌にはすみやすい環境ですが、悪玉菌にとっては嫌う環境なので、悪玉菌は生存しにくく減っていくのです。

 

体外から善玉菌を直接とる

腸内に善玉菌が少なければ、体外から新しい善玉菌を直接取り込むのが有効です。折角摂るのであれば、たくさんの種類で数(量)も多いものが、効果も高いです。

 

善玉菌の代表は、ビフィズス菌や乳酸菌ですが、生きたまま腸に届ける工夫のされたものを活用するのが確実な効果を期待できます。

 

その点、サプリは豊富な種類の善玉菌を濃縮して、たくさんの数の善玉菌を一度に摂ることが出来る上に、腸まで生きて届ける胃酸や消化液に強い耐酸カプセルに入っています。

 

善玉菌を増やす栄養分をとる

善玉菌を増やすのには既に腸内で生存している善玉菌に栄養分(エサ)を与えて、元気に強く育てて増やすという方法もあります。

 

善玉菌のエサとしては、水溶性食物繊維やオリゴ糖があります。水溶性食物繊維もオリゴ糖もヒトの腸では分解されずに大腸まで届き、善玉菌の栄養分(エサ)になります。

 

効果的に善玉菌を増やすのであれば、善玉菌自身を直接摂ることと一緒に、善玉菌の栄養分(エサ)も摂ってしまうということです。

 

まとめ

腸内の悪玉菌を減らし、腸内環境を改善して悪玉菌の作る有害物質で体内が汚されて、体調を崩さないためにも対策が必要です。

 

まずは、悪玉菌を減らすために食事を肉類中心のものから、野菜を中心とした和食に変更していく必要があります。そしてそれと併せて、善玉菌を増やすという対策をとる必要があります。

 善玉菌を増やす食事についての詳細は、こちら

 善玉菌と善玉菌のエサが一緒になったサプリの詳細は、こちら

 

 

 

【 注意 】 毎月5%の利息を手に入れることが出来ました。詳細は、こちら

 

乳酸菌革命 バナー1-1

久光製薬 バナー トレーラー

おならの悩み バナー 

同じカテゴリー「腸内環境改善のQ&A」の一覧

食物繊維は、腸内フローラを改善してくれるの?

腸内に住んでいる細菌の状態を示す腸内フローラは、食物繊維を摂ることで改善されるのでしょうか? 体の健康や美容のためにも腸内フローラを良い状態で保つことは重要なんです。 食物繊維は、どんなもの? 腸内フ […]

記事の続きを読む

腸の働きが低下するとどうなる?

腸は、カラダの中で健康に過ごすために、とても重要な役割をしています。腸の働きが低下すると、どれだけダメージを受けるか知っていますか? 腸は健康に暮らすためにとっても大切な臓器なんです。 腸の働きとは? […]

記事の続きを読む

腸内環境を整えると痩せる体質になれる?!腸内環境を改善するにはどうするの?

腸内環境を整えると新陳代謝が良くなります。食べて吸収したカロリーは、きちんと消費しなければ、どんどんカラダに脂肪として蓄積されてしまいます。痩せるためには食べる量を減らしたり、ハードな運動で無理やりカ […]

記事の続きを読む

便・ウンチ・大便の色が緑っぽいんですが、大丈夫? 緑色の大人のうんち

便の色が、緑色っぽい色で出てきたらビックリしますよね? ベンの色(フン、糞)が緑色だと、自分のカラダは、なんか変なことになってしまったんじゃないかと心配になりますよね! ウンチの色が緑色になることで、 […]

記事の続きを読む

あなたの疲れや病気を防ぐ『免疫力』、腸が大切なので腸内環境を整えアップする!

腸内環境が整っていないと、免疫力(抵抗力)が低くなってしまいます。「免疫力」が低下してしまうと、疲れやすくなったり、疲れが取れにくくなったり、病気にかかりやすくなったりしてしまうのです。免疫力について […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ