冬の便秘(便通・お通じ)は、体内乾燥が原因かも?

MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  便秘解消するには  >  冬の便秘(便通・お通じ)は、体内乾燥が影響しているかも知れませんよ。要注意です!

冬の便秘(便通・お通じ)は、体内乾燥が影響しているかも知れませんよ。要注意です!

寒い冬は、乾燥しやすく風邪やインフルエンザに感染したり、お肌も乾燥肌になりやすく、健康や美容に悪い影響を及ぼします。さらには体内乾燥を招いて、便秘になりやすくなってしまうんです。

体内乾燥って、何なの?

人間が生きていく上では、水の存在は重要なんです。水は、血液に入り込んで血液の流れを良くしてくれます。そのおかげで酸素や栄養分を血液に乗せて全身に運んで、老廃物を回収して尿として排出するという働きをします。

 

体温の調節も血液が循環することで、行うことが出来ますが、これも水の働きの一つです。血液の約90%は水分なので、水の重要性がわかると思います。

 

体内に取り込まれた水は、ずっと体内にある訳ではなく、体内を循環しながら、汗になったり、呼気に含まれたり、尿となったりして体外に出ていってしまいます。

 

体外に出ていく水分は、十分に補給しないと、体内の水分量が減って、体内での水の働きが低下してしまうことで、様々な健康トラブルを引き起こしてしまいます。このように体内の水分量が不足した状態を体内乾燥と言います。冬は体内乾燥が起こりやすい季節なんです。

 

体内乾燥で便秘になる理由

私達が食事をすると、胃で消化され、小腸で栄養分が吸収され、食べた物のカスが大腸で便となって肛門から排泄されます。大腸で水分が吸収されて、便(うんち)が作り上げられる訳ですが、程よい硬さの便は水分が約70%ほど含まれています。

 

体内の水分が不足するとウンチに含まれる水分も減って、コチコチに固くなってしまいます。体内乾燥して体内の水分が少ないと、当然、便も固くなり腸内を移動しにくくなって、便秘を引き起こす訳です。

 

体内乾燥の状態になると腸の働きも低下して、腸の蠕動運動(便を腸から肛門まで運ぶ動き)も弱くなるのでさらに便を出しにくくなってしまいます。

 

腸は便が食事に含まれる食物繊維が水分を吸って膨らむことで、刺激され腸の働きを活発にするのですが、水分が少ないと、膨らむこともできないため、腸の働きも活発にならずに低下してしまいます。

 

体内乾燥で水分不足になると以上のことが重なり、よけいに腸の働きを悪くして、便秘になりやすい状況になるのです。

 

冬に体内乾燥が起きやすい原因

水分を摂る量が減る

暖かい時期に比べてノドも渇きにくいこともあり、全体的に寒い冬の時期は、水を飲む量が減ってしまい、水分不足の状態になってしまいます。

 

冬は乾燥しやすい

冬は空気が乾燥しているので、いつの間にか皮膚や粘膜から水分が蒸発していきます。知らず知らずのうちに水分不足になります。

 

寒いとトイレが近い

寒さを感じると膀胱の筋肉が収縮することで、おしっこを貯めておく膀胱の容量が少なくなり、頻繁にトイレに行きたくなってしまいます。尿として水分を排出することになるので水分不足になりやすくなります。

 

水分不足以外で冬に便秘になりやすい原因

血行が悪くなり腸の機能低下

寒い環境では、血管を収縮させて体温を逃さないようにするという身体の防御作用が働きます。血管を収縮させると血液の流れが悪くなり、腸への血流も減り、腸の機能が低下するので、便秘になりやすくなります。

 

運動不足

寒さゆえに外出も減り部屋でじっとすることが多くなり、運動量が減ります。スムーズな排便には、ウンチを腸から肛門まで移動させるための腹筋の筋力が必要ですが、運動不足で筋力が落ちたり、新陳代謝が悪くて腸の動きが鈍ると便秘になりやすくなります。

 

体内乾燥を防ぐには

体内乾燥を防ぐためには、しっかりと水分補給をして、乾燥を防ぐ必要があります。

水分補給

私達が1日に必要な水分は、1.5~2リットルと言われています。一気に飲んでも、吸収しきれない分はオシッコで出てしまうので、こまめに100~200ml程度を数回に分けて飲むのが良いです。

 

寝ている時は、水分補給ができないので、寝る前と朝起きた時に白湯を飲むのが良いです。特に朝は、冷たい水を飲むと体を冷やしてしまい腸の働きを低下させてしまうので、白湯をコップ1杯飲むのが良いです。
→ 白湯の作り方の詳細は、こちら

 

乾燥を防ぐ

塩分の摂り過ぎには注意しましょう。塩分を体内に多く摂り入れてしまうと、細胞の周辺の塩分濃度が高くなり、細胞内の濃度と一定に保つために細胞内の水分が流れ出してしまい、水分不足なってしまいます。

 

冬場の空気の乾燥は、皮膚や粘膜から多くの水分を蒸発させて、水分を体から奪ってしまいます。普通に呼吸する呼気としても水分は放出されます。呼吸は鼻もしくは口でする訳ですが、口呼吸は鼻呼吸に比べ蒸発すうる水分量が多くなります。

 

したがって、できるだけ鼻呼吸をすることと、マスクをすることで鼻や口の乾燥を防ぐのがオススメです。

 

体内乾燥を防ぐだけでは便秘が解消出来ない場合は、・・・

すでに腸内に悪玉菌が増えすぎて腸内環境が悪化していたら、体内乾燥の予防だけでは便秘を改善できません。このまま放っておくと慢性の便秘になってしまいます。

 

少なくなった善玉菌を増やして元気にする必要がありますが、今腸内にいる善玉菌を育てて増やすにはかなりの時間がかかってしまうので、善玉菌を育てるのと並行して、外部から善玉菌の1種である乳酸菌を数多く直接、腸まで届けることが、短期間で効果を上げる方法です。

 

たくさんの乳酸菌(善玉菌)を摂るには、ヨーグルトよりも乳酸菌サプリを活用するのが有効です。サプリなら、ヨーグルトの何倍もの数の乳酸菌を一気に取り込むことが可能です。

 

便秘が長引いたと感じる方は、乳酸菌サプリを試してみる価値は大いにあると思います。

 腸内環境を整えるのに効果の高い乳酸菌選びは、こちら

 

 

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

久光製薬 バナー トレーラー

おならの悩み バナー 

美のフローラゼリー バナー 

エクスレンダー バナー 

同じカテゴリー「便秘解消するには」の一覧

便秘の時、いきむのは危険です。息まなくてもスッキリ出せます!

便秘で便が出そうになっているのに、固くなって中々出てこない時に、長い時間、いきむのは危険です。体に色々なトラブルが発生してしまいます。腸の働きが正常になると、いきむ必要なくスッキリ出せますよ。 いきん […]

記事の続きを読む

冬の便秘(便通・お通じ)は、体内乾燥が影響しているかも知れませんよ。要注意です!

寒い冬は、乾燥しやすく風邪やインフルエンザに感染したり、お肌も乾燥肌になりやすく、健康や美容に悪い影響を及ぼします。さらには体内乾燥を招いて、便秘になりやすくなってしまうんです。 体内乾燥って、何なの […]

記事の続きを読む

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進すると、便秘が改善します!

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発化することで、あなたの便秘は改善されます。蠕動運動とは、腸が収縮・弛緩をくり返して生じた波が、腸内の内容物(ウンチ)を肛門まで運ぶ動きのことです。この蠕動運動をう […]

記事の続きを読む

快便とは、健康になり痩せる・ダイエット効果のある方法なのだ!

快便ってこんなに良いものと知ることができました。食事はおいしく食べるものですが、その後もスッキリ快便といきたいものです。快便であることが、いかに毎日を明るくし、健康を維持するのに役立つかをよく知って、 […]

記事の続きを読む

便秘になりやすい食べ物とは?便秘になったら食べちゃダメだよ!

便秘になる食べ物とは? 便秘に悪いような食べ物を食べないようにを注意しておかないとダメですよ!後で大変な目に合う場合があります。便秘になりやすいという方は、普段から食べ過ぎないように注意しておくといい […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ