酵素で腸内環境改善して便秘解消

MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  _酵素  >  酵素で便秘解消するために、知っておかなければならない秘密とは?

酵素で便秘解消するために、知っておかなければならない秘密とは?

酵素で便秘も解消出来るのでしょうか? ただ単に酵素をとれば便秘を解消できる訳ではありません。酵素は腸内環境を改善するための助けをしてくれますが、それだけでは不十分です。一緒に摂る必要があるものがあります。

 

酵素で便秘解消出来る理由とは?

酵素には、食べて体内に入ってきた栄養素を吸収されやすい形に消化(分解)したり、吸収を助ける消化酵素としての働きと、吸収した栄養でカラダを作ったり、エネルギーに変えてカラダを動かしたりする生命活動をサポートする代謝酵素としての働きがあります。

 

基本的には、体内で作られる酵素しか消化酵素や代謝酵素として働くことが出来ないのです。つまり酵素は、外部から摂り入れても消化酵素や代謝酵素の代わりとして働くことは出来ないということです。

 

カラダの中で作られる1日の酵素の量は決まっています。そして年をとるたびに、体内で作られる酵素の量は少なくなっていくのです。体内で作る酵素の量は20代をピークに減っていって40代以降は急激に減ってしまいます。

 

食べたものが消化酵素によってきちんと胃や小腸で消化されずに、未消化のまま大腸まで届けられると、それをエサにして腸内細菌の悪玉菌が増えてしまいます。

 

悪玉菌の作る有害物質は、腸をマヒさせて腸の働きを低下させます。便は腸の蠕動運動によって腸から肛門まで運ばれるので、腸の働きが悪くなると、スムーズに便が腸内を移動して肛門の方に進んで行かないので便秘になってしまいます。

 

腸内に悪玉菌が増えるから便秘になるので、悪玉菌が増えないように消化酵素の働きでしっかりと食べたものを消化する必要があるのです。

 

食べ物として外部から酵素を摂ることで、体内の消化酵素が働く手前の胃の上部で、食べたものを事前に消化しておくことで、消化酵素の負担を少なくしておくことが出来るので、きちんと消化して大腸まで届けることが可能になります。

 

酵素を摂ることで、消化を助け未消化の食べ物を大腸に届けないことで悪玉菌が増えるのを防いで、腸内環境を整えるように働くので、腸の働きも正常化して便秘が解消されることにつながります。

 

便秘を解消するなら腸内細菌

酵素が便秘を解消する手助けをするのですが、酵素だけでは腸内環境を改善して行くには不十分です。酵素は悪玉菌を増やさないようにしますが、それと併せて善玉菌を増やすことが必要なんです。

 

体内の酵素は、ヒトの細胞で作られる以外にも、腸内細菌の善玉菌によっても酵素を作り出されることが分かっています。食べたものに含まれるタンパク質や糖質、ビタミン、ミネラルなどから酵素を作ります。

 

善玉菌の作る酵素は、ヒトの消化酵素では分解できない食べ物を分解して栄養素として吸収することが出来ます。なので善玉菌を増やすと食べ物の消化にも役に立つことになります。

 

善玉菌の作る乳酸は、腸内を弱酸性に保つので、弱酸性は悪玉菌の嫌う環境なので悪玉菌が増えにくくなります。弱酸性が腸を刺激して腸の蠕動運動を正常にもどします。

 

蠕動運動が正常に行われるようになると、便はスムーズに腸から肛門に運ばれていくので、便通が良くなり便秘の解消につながります。

 

酵素と腸内細菌の両方が効果的

酵素が足りていないからと言って、酵素だけを摂っても便秘の解消にはあまり効果は期待できません。一緒に腸内細菌の善玉菌を摂る必要があります。このことを知っておかないと、便秘の解消には長い時間がかかってしまいます。

 

善玉菌の1種の乳酸菌を摂って腸内環境を改善することが、便秘の解消には重要なことです。元々からお腹の中には善玉菌は存在するのですが、便秘になっている時は、悪玉菌の数が多く善玉菌が少ない状態なのです。

 

食事やサプリで外部から乳酸菌を摂っても、腸の中には3日~1週間程度しか残っていないで、その後は便と一緒に排出されます。なので毎日継続して乳酸菌を摂る必要があります。

 

酵素はどうやって摂るの?

酵素を多く含む食材(食事)は、何でしょうか? 酵素は、生の果物や野菜に多く含まれています。酵素は熱に弱く、酵素のほとんどの種類が48℃以上の加熱で酵素としての働きがなくなってしまいます。なので加熱処理をしないで生のまま食べることです。

 

【 酵素の多い野菜 】

野菜の中では、

・ダイコン
・ブロッコリー
・キャベツ
・小松菜
・生姜など

に酵素が多く含まれます。できるだけ生野菜のサラダとして食べるのが良いです。

 

【 酵素の多い果実 】

果物の中では、

・パイナップル
・キウイ
・りんご
・バナナ
・パパイヤ
・グレープフルーツなど

に多く含まれています。果物は生のまま、食後のフルーツとして食べるのが良いです。

 

果物の缶詰は、加工処理の過程で加熱されており、酵素の働きをしなくなっているので、意味がありません。

 

腸内細菌(善玉菌)はどうやって摂るの?

腸内細菌(善玉菌)を多く含む食品は、発酵食品です。日本人は、昔から和食を食べることで、発酵食品を食べていましたが、肉類中心の和食以外の食事が多くなってきたこともあり、発酵食品を食べる割合が減ってきています。

 

【 善玉菌を多く含む食品 】

醤油
味噌
ぬか漬け(漬物)
ヨーグルト
ナチュラルチーズ
キムチ
ピクルス
なれ寿司 など

 

これらの食事から、善玉菌の1種の乳酸菌を十分摂るには、相当の量を毎日食べる必要があります。

 

善玉菌を増やして腸内環境を改善するには、どんな食べ物が良いかについて、詳細にまとめて見ました。

 善玉菌を増やして腸内環境を改善するための詳細は、こちら

 

 

 

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

久光製薬 バナー トレーラー

おならの悩み バナー 

美のフローラゼリー バナー 

エクスレンダー バナー 

同じカテゴリー「_酵素」の一覧

酵素で便秘解消するために、知っておかなければならない秘密とは?

酵素で便秘も解消出来るのでしょうか? ただ単に酵素をとれば便秘を解消できる訳ではありません。酵素は腸内環境を改善するための助けをしてくれますが、それだけでは不十分です。一緒に摂る必要があるものがありま […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ