MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  便秘解消するには  >  冷や飯にすると便秘に効果あり?ダイエットにも良いの?

冷や飯にすると便秘に効果あり?ダイエットにも良いの?

日本人なら温かいご飯と味噌汁と・・・が、幸せに感じる和食と言えるのですが、冷や飯に替えるだけで便秘の解消ができ、ダイエット効果もあるとか。ごはんを冷やして食べることで、なぜ、そのように変わるのかを追求してみたいと思います。

おにぎり 冷や飯

ご飯を冷やすとどうなるの?

温かいご飯を冷やすと、ご飯に含まれる『でんぷん』が再結晶化して消化されにくい構造(レジスタントスターチ)になります。レジスタント(抵抗する)+ スターチ(でんぷん)は、消化されにくいデンプン(難消化性でんぷん)と言われ、食物繊維と同じような性質があり、小腸で消化・吸収されることなく大腸まで届きます。そして、ビフィズス菌などの善玉菌の栄養分(エサ)となって、善玉菌を元気にしてくれます。

 

また、レジスタントスターチは、不溶性食物繊維と同様にウンチを作る材料になってウンチのカサ(量)を増やしてくれるので、腸壁を刺激して腸のぜん動運動(便を腸から肛門へ運ぶ動き)を活発にしてくれます。スムーズな排便を促し、便通(便秘・下痢)を良くしてくれるのです。

 

さらに良いことには、冷や飯は、ゆっくり消化されることで、血糖値の急激な上昇を抑える作用まで持ちあわせているのです。

 

カロリーも減らせます!

冷や飯が、食物繊維のように働いて便秘に効果があることはご理解いただけたと思いますが、レジスタントスターチにすることで、食べた冷や飯から身体に吸収されるカロリーを減らせるのです。

 

つまり、レジスタントスターチになると人間の消化酵素で分解されにくいデンプンなので、小腸で吸収されないということは、カロリーとして身体に吸収されないということになります。

 

実際にどれくらいカロリーOFFできるかと言うと、通常の温かいご飯の約半分までカロリーを減らすことができるのです。炭水化物抜きダイエットというのがダイエットに効果があると言われていることからも、ご飯(炭水化物)を食べない人が多いのですが、冷や飯ならば、カロリー1/2になるのは嬉しいことですね。

 

摂取してから時間をかけて体に吸収されるため腹持ちが良くなり、朝食に食べると昼食、昼食に食べると夕食の空腹感や食欲を抑えるセカンドミール効果により、食事の量を抑えることもしています。

 

冷や飯の条件とは?

レジスタントスターチに変化し始める温度が4℃~5℃といわれています。冷蔵庫の中の温度がちょうどこれくらなので、冷蔵庫に入れて冷やすと効果的にレジスタントスターチに変化させることができます。

 

冷やせば良いからといって冷凍庫に入れても冷やし過ぎになるだけで、冷蔵庫に入れるよりレジスタントスターチが増えるわけではありません。

 

一度冷やしたご飯は温めなければ、常温に置いておいて常温まで戻しても、レジスタントスターチの量は減らないので、常温の方が食べやすい方は、一度冷蔵庫で冷やしてから常温に戻してお召し上がり下さい。

 

ご飯以外でも

ご飯以外でも冷やしても効果のあるものとしては、イモ類(ジャガイモ、カボチャなど)や、マメ類(大豆や枝豆など)の豆類、などでも同様に冷蔵庫などで冷やすと効果があるようです。しかし、パンや麺類などの小麦デンプンでは、効果が弱いようです。

 

ごはんをあまり食べない現代で善玉菌を増やすには

このように冷や飯が食物繊維と同様の働きをすることから、野菜不足を補う効果があります。冷や飯のでんぷんが変化したレジスタントスターチは、腸内で善玉菌の栄養素(エサ)ともなるので、善玉菌を増やして元気にしてくれます。

 

しかし、ごはん(米)の消費も減っている現代で、どれだけあなたはご飯(米)を食べていますか?毎食ごはんを食べることもないだろうし、食べない日もあるでしょう。

 

ごはんを食べる回数が減っている中で、せっかく食べるのなら温かい白米のごはんでしょう。たまには、冷えたごはんをおにぎりにして食べるのも、おいしく食べることが出来ると思います。

 

そんなに毎日、毎日、冷ご飯を食べることは現実的に少ないことだと思います。ごはんを主食としてよく食べられていた昭和30年代の日本では、朝ごはんを炊いて、朝ごはんは温かく食べますが、今のように電子炊飯器の保温ではなく、おひつで保管するため、昼食や夕食の時には、冷ご飯で食べていたようです。

その頃であれば、冷ご飯を食べる回数も多くありましたが、今はそのような生活に戻ることはできません。そのように冷や飯を当たり前のように食べていた時代は、便秘で悩む人は少なかったようです。

 

毎日冷や飯を食べない現代では、善玉菌を増やす方法として、生きたまま腸まで届く善玉菌(乳酸菌)を直接、摂ることでハンパなく善玉菌(乳酸菌)を増やすことが期待できます。善玉菌が増えることで、腸内環境が整うようになります。

 

腸内環境が整っていると、便通(便秘・下痢)の状態も良かったり、高い抵抗力・免疫力を維持していたり、アレルギー症状(花粉症・アトピーなど)も改善されたり、ダイエット効果なども出やすくなります。

 

腸内環境が整った状態を維持していくには、毎日継続して善玉菌を増やすようにする必要がありますが、毎日冷や飯を食べる訳にもいきません。

arrow_red 冷や飯と併用して善玉菌を効果的に増やすなら、こちら

 

 

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

久光製薬 バナー トレーラー

おならの悩み バナー 

美のフローラゼリー バナー 

エクスレンダー バナー 

同じカテゴリー「便秘解消するには」の一覧

便秘の時、いきむのは危険です。息まなくてもスッキリ出せます!

便秘で便が出そうになっているのに、固くなって中々出てこない時に、長い時間、いきむのは危険です。体に色々なトラブルが発生してしまいます。腸の働きが正常になると、いきむ必要なくスッキリ出せますよ。 いきん […]

記事の続きを読む

冬の便秘(便通・お通じ)は、体内乾燥が影響しているかも知れませんよ。要注意です!

寒い冬は、乾燥しやすく風邪やインフルエンザに感染したり、お肌も乾燥肌になりやすく、健康や美容に悪い影響を及ぼします。さらには体内乾燥を招いて、便秘になりやすくなってしまうんです。 体内乾燥って、何なの […]

記事の続きを読む

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進すると、便秘が改善します!

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発化することで、あなたの便秘は改善されます。蠕動運動とは、腸が収縮・弛緩をくり返して生じた波が、腸内の内容物(ウンチ)を肛門まで運ぶ動きのことです。この蠕動運動をう […]

記事の続きを読む

快便とは、健康になり痩せる・ダイエット効果のある方法なのだ!

快便ってこんなに良いものと知ることができました。食事はおいしく食べるものですが、その後もスッキリ快便といきたいものです。快便であることが、いかに毎日を明るくし、健康を維持するのに役立つかをよく知って、 […]

記事の続きを読む

便秘になりやすい食べ物とは?便秘になったら食べちゃダメだよ!

便秘になる食べ物とは? 便秘に悪いような食べ物を食べないようにを注意しておかないとダメですよ!後で大変な目に合う場合があります。便秘になりやすいという方は、普段から食べ過ぎないように注意しておくといい […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ