MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  軟便解消するには  >  食後に腹痛や下痢がよく起きるようになったら見るサイト!

食後に腹痛や下痢がよく起きるようになったら見るサイト!

食事中や食後にお腹痛くなったり、お腹を下して下痢になる回数がだんだん増えてきていませんか?食べ過ぎたり脂っぽい食事の時になりやすかったのが、軽い食事の時でも腹痛や下痢になるようになったりしていませんか?

腹痛 女性

食後の腹痛や下痢が当たり前に

特に早食いの人に多いのですが、しっかり噛むことなく飲み込むように食べたり、肉類を中心とした脂の多い食時やついつい食べ過ぎることが多いと当たり前のことですが、胃や腸に大きな負担がかかるので腹痛や下痢になるのは想像できることだと思います。

 

普通の食事を食べ過ぎてもいないのに、同じように食後に腹痛や下痢を起こすようになると胃や腸の働きがかなり悪化状態にあると言えます。

 

女性 トイレ 便秘

食後に腹痛や下痢になるのは

食材が傷んだり腐ったりしていないのに食事をした後に腹痛や下痢になる原因として一番可能性が高いのは、食べたものがうまく消化されていないこと、つまり消化不良になっているのだと思われます。

最初は、食べ過ぎや飲み過ぎ、消化の悪い食事によってもたらされた食後の腹痛や下痢も、胃や腸の働きが低下した状態が慢性化してしまうことで、普通の食事をあまりたくさん食べなくてもすぐに消化不良を起こすようになってしまっているという可能性が高いのです。

また、ストレスや体の疲労も重なると、胃腸の働きはさらに低下してしまうことになります。この悪循環に入ることで日常的に、食後すぐに腹痛を起こしたり、急に下痢になりやすい体質になっていると言えます。

 

【 食事の種類や食べ方 】

肉類などの動物性脂肪の多い食事や食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、唐辛子やニンニクなどの刺激物の摂り過ぎは、胃酸の分泌を乱したり、すい臓の働きが低下して消化酵素の分泌が減ると、胃や小腸での消化不良が起きやすくなります。

 

肉類などのたんぱく質が多い食事は、たんぱく質を消化するのに、胃の消化酵素を大量に消費します。同様にアルコールも消化酵素を大量に消費します。お酒を飲みながらの焼肉は、一番胃腸に負担をかけることになり、消化不良を起こす最大の原因と言えます。

 

お酒を飲みながらの焼肉はとても美味しいのでどうしても食べ過ぎ、飲み過ぎとなりがちですが、できるだけ消化を手伝ってくれる野菜などに包んでお肉を食べるなどの対策をとるようにしましよう。

 

よく噛まないで早食いすることも胃や腸が消化しにくくするので、胃腸への負担となり、消化不良を起こす原因になってしまいます。

→ そんな時には、これで解決!

 

【 ストレス 】

ストレスがたまると、胃や腸の働きを管理している自律神経の働きが鈍くなることで、胃腸が正常に機能しなくなります。自律神経の乱れは、胃液の分泌も減少させたり、血行を悪くして胃壁の粘膜に血液が行きにくくなり、胃壁を荒れさせてしまいます。その結果、消化不良を起こしやすくなり、胃壁も荒れ放題で、胃もたれ、膨満感といった症状につながります。 

 

反対に自律神経の乱れによって胃酸の分泌が増加する場合もあります。胃酸が出すぎると、これまた胃壁を荒らして、胃の中の細い血管を傷つけて、胸焼けや胃痛を引き起こすことになります。

 

またストレスによって夜眠れなくなり、睡眠不足などからも胃が正常な働きをしにくくなることも、消化不良や胃腸を痛める原因ともなりますので注意が必要です。

 

野菜 集合

食後の腹痛や下痢にならないために

【 胃に良いものを食べる 】

胃の働きを改善して消化を良くしたり、消化を手助けしてくれるものを摂取しましょう。

 

●大根

大根には、ビタミンCや消化酵素のアミラーゼなど消化機能を促す酵素がたくさん含まれています。タンパク質などの消化を助けたり、胃酸過多などにも効果的です。加熱すると効果が薄くなるのでできるだけ生のままで、根おろしにするなどして召し上がるのがおすすめです。

 

●キャベツ

キャベツには、胃の免疫力(抵抗力)を強くする効果があります。キャベツに含まれるビタミンCやカルシウムが、疲労回復、不眠症などに効果があります。特に春キャベツは、胃腸薬として有名なキャベジンの成分を豊富に含んでいます。キャベジンには、粘膜の損傷を修復したり、粘膜細胞への血行を良くする効果もあるため、疲れきった胃にはオススメの野菜です。

●バナナ

バナナは、消化も良く胃に負担を掛けないので、弱った胃腸の回復には最適の果物です。バナナは、身近にある食べ物では抗酸化力が高く、含まれている酵素が胃腸を整えてくれます。

 

元気な 腸

消化不良の予防

消化不良を予防するのに、取り組みやすい予防方法をまとめましたので、参考にしてください。腸内環境を整えておくことは、消化不良の改善以外にも、さまざまな体の不調(病気)の予防にもなります。

 

【 よく噛んで食べる 】

食事は早食いすることなく、よく噛んで食べましょう。よく噛むことで食べたものが細かく噛み砕けると消化しやすくなりますし、噛む回数を増やすことにより唾液の分泌が多くなります。唾液には消化を助けるアミラーゼが含まれているので、胃への負担を軽くしてくれます。

 

【 生活習慣の改善 】

乱れた食生活や生活習慣は、胃や腸の働きを悪くして、消化不良を引き起こしやすくします。肉類に偏った食事や、不規則な食事回数や食事時間(朝食を抜いたり、夜遅く食事をしてすぐ寝たりなど)をしないで、野菜を中心としたバランスのよい食事を規則正しく決まった時間に摂るようにしましょう。

 

食べた物を消化するには胃や腸に多くの血液が必要ですが、食後すぐに体を動かすと、消化に必要な血液が胃や腸ではなく手足の方に行くので、胃や腸の働きが低下し消化不良を起こしやすくなります。食後最低30分程度は体を休める習慣をつけましょう。

 

また、ゆっくり体を休めた後は、適度なウォーキング程度の運動をして運動不足を解消しましょう。適度な運動は、胃や腸の働きを活発にしてくれるので、消化不良を起こしにくい体を作ることができます。

 

【 腸内環境を改善する 】

腸内環境が悪化していると、悪玉菌が作り出す有害物質によって、腸の働きが低下しています。消化しにくい食べ物や暴飲暴食、ストレスといった原因もそうですが、それ以前に腸内環境が悪化していて、腸での消化・吸収機能が低い場合には、ちょっとした食べ過ぎやストレスでも消化不良をおこしてしまいます。

 

多少の食べ過ぎや動物性脂肪の摂り過ぎ、飲み過ぎやストレスにも対応できる胃腸の状態にしておくと、消化不良を起こさないように予防することができます。

arrow_red 腸内環境を整えて、腹痛や下痢といった症状を改善・予防するには、こちら

 

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

天然美通 バナー トレーラ2

同じカテゴリー「軟便解消するには」の一覧

転勤や転職で環境が変わると下痢が続きます!どうして?

転職して新しい職場へ行き、周りも優しくしてもらっているので、そんなにストレスだと感じていないつもりなのに下痢が長く続くなんてことはありませんか?ヒトは環境の変化を嫌うものなのです。ちょっとした環境の変 […]

記事の続きを読む

睡眠足りてますか?寝不足になると下痢や便秘になりやすい!

仕事や家事のために十分な睡眠がとれていない寝不足な人は、下痢や便秘などといった便通の異常に悩まされる方が多いという調査結果があります。下痢と睡眠との間には、関わりがあるようには思えないのですが、睡眠の […]

記事の続きを読む

腹痛がないのに水様便(水っぽい下痢便)が続く原因は?解決法は?

腹痛もないのに、水の様な下痢便(水様便)が続くようになってきました。暴飲暴食をした訳でもないし、食あたりをするような傷んだような食事を食べた訳でもないし、お腹を冷やした訳でもないのに、水様便が毎日続き […]

記事の続きを読む

食後に腹痛や下痢がよく起きるようになったら見るサイト!

食事中や食後にお腹痛くなったり、お腹を下して下痢になる回数がだんだん増えてきていませんか?食べ過ぎたり脂っぽい食事の時になりやすかったのが、軽い食事の時でも腹痛や下痢になるようになったりしていませんか […]

記事の続きを読む

下痢が続くので力んだ時の便漏れ・便失禁が怖い!

最近、ちょっとしたストレスで下痢になりやすいと感じていませんか?人間のカラダはデリケートなので、腸内環境が悪化して腸の働きが悪くなっていると余計に敏感に感じて、腸が異常な動きをすることで下痢や便秘を引 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ