MENU

便秘薬(下剤)の副作用って、どんな症状?

便秘薬下剤)に副作用は、つきものです。効果が強ければ強いほど、副作用も強くなるのですが、長期継続使用は絶対にしないようにすることです。

薬 錠剤

便秘薬(下剤)の副作用の症状

 

代表的な副作用の症状をまとめました。

腹痛や下痢、吐き気

刺激性下剤などの強めの下剤は、即効性がある代わりに、飲んですぐに腹痛や下痢、吐き気といった症状が現れやすいです。

 

全身のだるさ、低血圧や動悸

ビタミン欠乏症から、全身がだるく感じられたり低血圧、心臓がドキドキする動悸や記憶障害などといった症状が起きやすくなります。

 

脱水症状

腸内に過度な水分を集めて便を排出しやすくするタイプの下剤では、いつの間にか脱水症状を引き起こしている場合があり、これは、体内の電解質のバランスを崩し、カルシウム、カリウム、マグネシウムや亜鉛が大量に体から排出されてしまことで大変危険な状態になります。最悪、死に至るケースもあります。

 

貧血

下剤は鉄分まで排出してしまい貧血状態に陥り、赤血球が不足することで、酸素がからだ内に十分行き渡ることができなくなってしまいます。

 

長期に渡って使用すると下剤依存症になり、それは、便秘の悪化、そして、大腸がんの発生リスクを高めます。

 

下剤依存症

自分の体質に合う下剤が見つかると、ついつい下剤に頼りっぱなしになり、同じ下剤を使い続けると慣れて効き目が悪くなると、今度は量を増やすことになり、からだの崩壊につながってしまいます。

 

便秘の悪化

自分の力で「便意」を起こせなくなることで、慢性便秘をさらに悪化させることになり、下剤をさらに手放せなくなってしまいます。

 

大腸機能低下→大腸がんを発症しやすい

強い副作用が出るのは「刺激性下剤」の中でも、市販薬の75%程度を占める「アントラキノン系下剤」です。アントラキノン系下剤を長期に使用すると、大腸が黒ずみ、細胞の硬化により大腸壁が伸びきったゴムのように固くなります。

 

これは、「大腸メラノーシス」と呼ばれる副作用の一つで、黒ずんだ患部は、大腸としての機能を全体的に低下させてしてしまいます。大腸ガンを発症するリスクを高めるので非常に危険です。このように便秘薬(下剤)は、様々な副作用が症状としてあらわれます。

 

大腸がんは、日本女性の死因の第1位で、日本男性の第3位にランクされ、とっても腸内環境の悪化と関連性のある病気と言われています。

出典:「平成27年(2015)人口動態統計(確定数)の概況」(厚生労働省)
(http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei15/dl/00_all.pdf)

 

便秘薬(下剤)を使わないで済むようにするには

 

便秘薬(下剤)は、どうしても排便できない時に、やむを得ず使用することはあっても、そのままズルズルと使い続けることのないようにしなければなりません。

 

では、どうすれば便秘薬(下剤)を使わないで済むようになるのかというと、腸の動きを活発にして腸の中にあるウンチをスムーズに肛門まで運んで、排出できるようにすれば良いのです。

 

腸の働きを良くする善玉菌を腸内に増やしてあげることなんです。効率的に善玉菌を増やす方法をまとめてみましたので、参考にしてください。

arrow_red 便秘を解消する最も安全な方法とは?

 

 

合わせて読みたい記事

① 下剤・便秘薬をやめたい!まだ間に合いますか

② 乳酸菌と便秘薬(下剤)の上手な使い方

③ 下剤で腸内環境が悪化することはありますか?

④ 妊婦さんの便秘に安全な便秘薬とは?

 

 

タイプ別の善玉菌サプリメント

乳酸菌革命 タイプ1

免疫力をアップし、アレルギー軽減する

ラブレ タイプ2

日本人に合う植物性善玉菌サプリ

美のフローラゼリー タイプ3

ヨーグルト10リットル分の乳酸菌を濃縮

カイテキオリゴ タイプ4a

固い便をやわらかくして出せるサプリ

 

 

 

【 注意 】 毎月5%の利息を手に入れることが出来ました。詳細は、こちら

 

乳酸菌革命 バナー1-1

久光製薬 バナー トレーラー

おならの悩み バナー 

同じカテゴリー「便秘解消するには」の一覧

毎日快便になると健康になり、痩せる・ダイエット効果のある方法なんですか?

毎日快便になると、こんなに気持ちいいものだと知ることができました。食事はおいしく食べて、その後もスッキリ快便になると痩せる体質になります。快便であることが、いかに毎日を明るくし、健康を維持するのに役立 […]

記事の続きを読む

ダイエット中は、腸内環境悪化して便秘になり太るケースも? 解消するにはコレを知っておく事!

ダイエットするには、腸内環境悪化しないように注意するポイントがあります。せっかくのダイエットもやり方を間違えると、かえって太りやすくなってしまいます。ダイエット中には、どうしても腸内環境悪化により便秘 […]

記事の続きを読む

便秘の時、いきむのは危険です。息まなくてもスッキリ出せます!

便秘で便が出そうになっているのに、固くなって中々出てこない時に、長い時間、いきむのは危険です。体に色々なトラブルが発生してしまいます。腸の働きが正常になると、いきむ必要なくスッキリ出せますよ。 いきん […]

記事の続きを読む

冬の便秘(便通・お通じ)は、体内乾燥が影響しているかも知れませんよ。要注意です!

寒い冬は、乾燥しやすく風邪やインフルエンザに感染したり、お肌も乾燥肌になりやすく、健康や美容に悪い影響を及ぼします。さらには体内乾燥を招いて、便秘になりやすくなってしまうんです。 体内乾燥って、何なの […]

記事の続きを読む

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進すると、便秘が改善します!

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発化することで、あなたの便秘は改善されます。蠕動運動とは、腸が収縮・弛緩をくり返して生じた波が、腸内の内容物(ウンチ)を肛門まで運ぶ動きのことです。この蠕動運動をう […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ