MENU
腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる TOP  >  乳酸菌のQ&A  >  最近便が以前よりも便器にくっつきやすいんですが、何か原因があるのでしょうか。

最近便が以前よりも便器にくっつきやすいんですが、何か原因があるのでしょうか。

ウンチが便器にくっついて流れにくいと、何度も何度も水を流したりと大変です。同様に、おしりにもウンチがくっつきやすいので、ウォシュレット付きのトイレじゃなかったら、おしりを拭くのも大変です。どうにか出来ないものでしょうかね。

ウォシュレット+トイレットペーパー

くっつきやすくなる原因は?

動物性脂肪のとり過ぎや、深夜の暴飲暴食による消化不良で、ねっとりした重い便が出やすくなります。便に脂肪分が多く、繊維質が少ない時になりやすく、食物繊維が不足している場合がほとんどです。排便はあっても、残便感があり、スッキリ出せないタイプの便秘といえます。くっつきにくくする、その方法とは?

 

%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%80%80%e3%81%8f%e3%81%a3%e3%81%a4%e3%81%8f

腸内環境は大丈夫?

便器にくっつきやすいばかりでなく、ニオイもキツく、肛門を拭いても拭いても、なかなかキレイにならないという状態ではありませんか?最悪パンツにもくっついたりしませんか? くっつきにくい便に変えたいと思いませんか?

 

また、食事が肉類に偏ったり、不規則な食生活で悪玉菌が増えて腸内環境が悪化すると、腸のぜん動運動(便を腸から肛門へ運ぶ動き)が悪くなり、腸粘液の分泌が少なくなることで、十分に腸粘液がウンチの表面にコーティングされません。そうなると細く切れ切れしたベタベタした粘りのあるウンチになりやすく、トイレにこびりつきやすい状態になってしまいます。

 

早急に腸内環境を改善するのが良いのですが、腸内環境が改善されるまでは多少時間がかかるので、どうしてもうんちが便器にふっついてしまう場合は、水を流しながら行うか、あらかじめトイレットペーパーを便器に敷いておくと流れやすいです。

 

トイレに座る 男の子

便がトイレの便器にくっつきにくくなる理由

大腸では、スムースに肛門から便を排出するために、うんちの表面にコーティングをしています。これには、腸粘液というものが重要な役割をはたしているようです。

 

うんちが大腸を通過する間には、水分が吸収され適度な硬さに調整されるのですが、同時に、大腸壁より腸粘液が分泌されて腸内を移動するウンチをコーティングしていきます。

 

腸のぜん動運動が活発であれば、腸粘液も十分に分泌されますので、うんちは腸内の腸粘液の上をスムースに流れ、腸粘液に包まれた状態で排泄されることでスルッと肛門から出るので便器や紙、肛門も汚れにくくなります。

 

また、便を腸粘液でコーティングしていると、腸がたんぱく質の消化・吸収をしている過程で発生すると考えられている発ガン性物質が、腸壁と直接接触するのを防ぐ働きもしています。

 

トイレットペーパー

くっつきにくい便にするには(腸内環境を改善して治しましょう)

くっつきにくい便になると、便が便器にくっつかないばかりか、おしりも汚れにくいので拭く回数が減ります。

 

それには、食事の内容を見直して、悪玉菌の大好物となる肉に含まれるたんぱく質や脂肪、コレステロールの摂取をひかえると共に、食物繊維を意識して摂るようにしてください。悪玉菌を増やさないようにして、反対に善玉菌を増やすことで、腸内環境を整える必要があります。

 

腸内環境を整えるには、善玉菌をとにかく増やすことです。そのためには、外部から新しい善玉菌(乳酸菌など)を摂ったりする方法や、善玉菌の栄養分(エサ)となるオリゴ糖食物繊維などを摂って、今、腸内に住んでいる善玉菌を元気にして増やす方法があります。

 

どうせやるなら効率的に善玉菌を増やして、短期間で腸内環境を整えくっつきにくいウンチにしたいものです。そのためには、新しい乳酸菌も摂り入れるのと、善玉菌の栄養分(エサ)も摂り入れることを両方とも一緒にしてしまうのが一番です。

 

元気な 腸

効果的に腸内環境を整えるために

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えるために、思いつくのが、善玉菌である乳酸菌を摂ることですが、乳酸菌と言えばヨーグルトと思われるかも知れません。

 

乳酸菌をたくさん摂るのが効果的だからと言ってもヨーグルトは、いくらたくさん食べるとしても1日に200gも食べるとかなりのカロリーになります。しかし、乳酸菌サプリを使うとヨーグルト10リットル(10kg)分の乳酸菌(善玉菌)の量を1度に、約1gのカプセルで摂れるんです。しかもカロリーはわずか2.72kcalしかありません。

 

しかも、サプリメントだと、新しいたくさんの善玉菌(乳酸菌)と一緒に善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維も一緒になったものもあるので、手軽に簡単に両方を摂ることが可能になります。

 

腸内環境が整うと、腸のぜん動運動も正常に戻り、大腸壁からの腸粘液の分泌も増えるので、うんちを十分にコーティングすることができます。きちんとコーティングされると、うんちは便器にくっつきにくくなります。

 

そのため、くっつきにくい便切れのよい状態にしてスムーズに排便できるようになるので、おしりも汚れにくくなりトイレットペーパーで拭く回数も減らすことができます。

arrow_red くっつきにくいウンチになるには、こちら

 

 

合わせて読みたい記事

>> 便の切れを良くして、くっつきにくく出すためには、・・・

>> 便の切れが悪い!どうすれば治るの?

>> 寝ている間に臭いオナラしてませんか?大丈夫ですか。

>> 早くスッキリしたい残便感!その原因は?実は、便秘なのかもしれませんよ?!

 

タイプ別の善玉菌サプリメント

 

 

乳酸菌革命 タイプ1

免疫力をアップし、アレルギー軽減する

 

 

ラブレ タイプ2

日本人に合う植物性善玉菌サプリ

 

 

善玉菌のチカラ タイプ3

ダイエット効果も期待できる乳酸菌サプリ

 

 

カイテキオリゴ タイプ4a

固い便をやわらかくして出せるサプリ

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

プレミアムスリムビオ バナー 

おならの悩み バナー 

同じカテゴリー「乳酸菌のQ&A」の一覧

血液型別に働く乳酸菌だと、相性が良いのですか?

血液型によって相性の良い善玉菌(乳酸菌)が、別々に存在するということが分かってきました。A型、B型、O型、AB型専用の乳酸菌が存在するって、ことなんですかね? 輸血と同じで、血液型の一致する乳酸菌? […]

記事の続きを読む

乳酸菌(ec-12)は、フェカリス菌でインフルエンザに効果あり?

久光製薬の乳酸菌(ec-12)は、エンテロコッカス・フェカリス菌EC-12株を何と1兆個も含んでいて、インフルエンザの「予防効果」および「治療効果」が大きく期待できるようなので、調べて見ました。製薬会 […]

記事の続きを読む

腸内環境を整えると太りにくい体質に!腸内フローラとダイエットの関係は?

腸内環境が整えて、腸内フローラがキレイになると、ダイエット効果が出てくるようです。腸内の善玉菌が増えて、腸内環境が改善されると、腸の働きも良くなったり、ヤセ菌が増えてデブ菌が減るような効果もあるんです […]

記事の続きを読む

フジッコの善玉菌のチカラ(クレモリス菌FC株)に期待できる効果とは?

フジッコの『善玉菌のチカラ』には、カスピ海ヨーグルトの『クレモリス菌FC株』が含まれています。そこで『クレモリス菌FC株』の効果についてまとめてみました。 クレモリス菌FC株の威力 カスピ海ヨーグルト […]

記事の続きを読む

久光製薬の乳酸菌(ec-12)は、フェカリス菌で花粉症にも効果あるの?

久光製薬の乳酸菌(ec-12)は、エンテロコッカス・フェカリス菌EC-12株を何と1兆個も含んでいます。EC-12株は、腸内環境を改善し免疫力を高める効果があるので、花粉症などのアレルギー症状の緩和が […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ