便の切れが悪いのを治す方法

MENU

便(ウンチ)の切れが悪い!どうすれば治るの?

便(ウンチ)の切れが悪くて、拭いても拭いてもキレイにならなくて困っていませんか?便(ウンチ)が完成していないのに出てしまっている場合がほとんどのようです。しっかりとした便を作るための材料(食物繊維)が不足していて未完成のウンチになって切れが悪いというケースも多いのです。特に日本人女性の場合は、食物繊維がとても不足していることも大きく影響しています。

 

未完成の軟便状態で、出ないようにするにはどうしたら良いかを調べてみました。すっきり出せると良いですよね!

便秘 いきむ女性

便切れが悪くて困ること

便のキレが悪いと、残便感があるのはモチロンのこと、拭いても拭いてもトイレットペーパーに便が付いてしまって、しまいにはお尻がかゆくなったり、痛くなったりして困ることはありませんか?

 

ウォシュレット付きのトイレであれば、しっかり肛門を洗浄することで、なんとかなりますが、ウォシュレット無しの場合は、拭ききれずに最悪パンツにくっつくなんて可能性もあります。

 

当然、便は、便器にくっつきやすく、水で流してもなかなか流れきらないことも多く、トイレ掃除をする必要まで出てきます。

ウォシュレット+トイレットペーパー

未完成(軟便)の原因は?

 便切れ悪い理由は、肛門の異常(形状や括約筋のおとろえ)、内蔵の病気(消化器系へのポリープや腫瘍、肝臓などの疾患便)のようなすぐに病院で診察の必要があるもの以外では、便がまだ完成していないうちに出てしまうのでキレが悪くなるのが、ほとんどのようです。

 

 しっかりとして程よい固さで、つやつやのバナナやソーセージ状の便にならない原因としては、

① 飲食の乱れ

② しっかりとした便を作るための材料が不足している

③ ストレスによるもの

④ 腸の動きが悪い(腸内環境の悪化)

ということが考えられます。

 

高カロリー 女性

① 飲食の乱れ

暴飲暴食、アルコール類の過剰摂取、食べ過ぎ、食べる物が偏ることでの栄養不足・消化不良、サプリの摂り過ぎなどは、腸を刺激することになり軟便になってしまいます。
規則正しい、バランスのとれた食事をすることで改善されます。

 

海藻・こんにゃく

② しっかりとした便を作るための材料が不足

しっかりとした硬さの便を作るには、その材料として十分な食物繊維が必要なのですが、現代の日本人には食物繊維が不足しています。食物繊維の1日の必要量は、理想的には約30gと言われていますが、日本人女性の平均は10g程度であり、とても不足しています。

 

また、食物繊維は、善玉菌の栄養源(エサ)となったり、有害物質を一緒にからめて排出したり、腸のぜん動運動(うんちを腸から肛門まで運ぶ動き)を活発にしたりと、腸内環境を改善して整えるのにも効果があります。

 

したがって、しっかりした硬さで、便切れの良い排便を目指すのであれば、腸内環境を整え食物繊維を摂取することが、必須となってきます。

 

ストレス 女性

③ ストレスによるもの

ストレスによるものとしては、過敏性腸症候群(IBS)という病気が原因となる場合もあります。

脳からのストレスは、そのまま腸の過敏状態を引き起こし、少しの刺激でも痛みや不快感を感じてくるようになると、それがストレスになってしまいます。

 

また、その状態が続くと今度は脳も過敏状態になり、ささいなこともストレスに感じるようになります。脳と腸は密接な関係にあるだけに、脳の過敏状態 → 腸の過敏状態 → 脳の過敏状態 → 腸の過敏状態というように悪循環になって症状は悪化してしまうようです。

>> 過敏性腸症候群(IBS)については、こちらで説明しています。

 

不健康な腸

④ 腸の動きが悪い

腸内環境の悪化(善玉菌と悪玉菌のバランが悪く、悪玉菌が優勢の状態)していると考えられ、腸のぜん動運動が正常でないことが考えられます。

 

うんちが腸を通過する時に、腸のぜん動運動が異常に活発になると、うんちは早く腸を通過しすぎるため、腸で余分な水分を吸収しきれずに軟便となってしまったり、反対にぜん動運動が不活発で通過が遅いと、必要以上に腸に水分を吸収されて硬い便になってしまいます。

 

また、うんちは腸を通過する時に大腸壁より腸粘液が分泌され、腸内を移動する時にうんちの表面をコーティングし便切れを良くしています。

 

しかし、腸内環境の悪化により、腸のぜん動運動があまり活発でなくなると、腸粘液の分泌は少なくなり、十分に腸粘液がウンチの表面にコーティングされないので、細く切れ切れしたベタベタ便になりやすく、トイレにつきやすく、取れにくい状態になってしまいます。

 

女性 トイレ 便秘

便切れを改善するには!

●便のキレが悪い
●スッキリと出すことができず残便感が残る
●トイレの時間が長い
●拭いても拭いても拭ききれない
●パンツにくっつくことがよくある

でお悩みの方は、腸内環境が悪化していて悪玉菌が多く、善玉菌が少ない状態にあります。

悪魔

増えた悪玉菌をそのままにしていると、悪玉菌の作り出す有害物質を善玉菌が排出しきれず腸に留まってしまうと、腸はそれらを吸収して血液に溶かして全身に行き渡らせることで肌荒れ、体臭、口臭などを引き起こしてしまいます。

 

さらには、免疫力の低下やアレルギー症状の増加、肌荒れ、血流が悪くなり新陳代謝の悪化、太りやすい体質、疲労の蓄積など、身体にとってよくないことが次々と起こりやすくなってきます。

対策をするなら、これらの症状の出る前にしておくことが大切です。

 

毎日、気持ち良い便通でスッキリと出すためには、善玉菌を増やして、悪玉菌を減らすことで腸内環境を改善していく必要があります。体質改善することで便の質が変わります。

 

毎日、乳酸菌を摂る習慣をつけて、腸内環境を改善することから始めてみてはいかがですか?

arrow_red 便切れが良くなる乳酸菌サプリは、こちら

 

合わせて読みたい記事

 >> 便の切れを良くして、くっつきにくく出すためには、・・・

>> 最近便が以前よりも便器にくっつきやすいんですが、何か原因があるのでしょうか。

>> 寝ている間に臭いオナラしてませんか?大丈夫ですか。

>> 早くスッキリしたい残便感!その原因は?実は、便秘なのかもしれませんよ?!

 

 

乳酸菌革命 バナー1-1

天然美通 バナー トレーラ2

同じカテゴリー「腸内環境改善のQ&A」の一覧

大人アトピーは、腸の免疫が弱いのがの原因なんですか?

アトピー性皮膚炎は子供の病気だと思われるかもしれませんが、実は近年腸が原因で、大人になってからアトピーになる人、または一度は治ったのに大人になって再発する人が増えています。 大人アトピーの原因 大人ア […]

記事の続きを読む

30代でウエストのくびれを復活!無理なくダイエット

ウエストのくびれがなくなってしまった あなた! 30代でもウエストのくびれを復活させることが出来るんですよ!大人世代でも痩せることは可能です。 30代でウエストにくびれを作るには 食事をちょっと制限す […]

記事の続きを読む

季節の変わり目は、体調も肌も不調になりがち?対策は○○かも!!

気候の変動や日中と朝晩の温度差が激しい時のことを『季節の変わり目』と呼び、この時に、体調もお肌も不調になりがちです。不調になる原因を知って、快調になるように対策をしましょう。対策は○○です! 季節の変 […]

記事の続きを読む

お腹にガスがたまってしまった腹部膨満感を治す(解消する)には!

お腹にガスがたまってお腹が張る状態が、腹部膨満感ですが、治す方法としてどうすれば良いかを調べてみました。 > 腹部膨満感の【原因】について もう一度確認したい場合は、こちらをご覧ください。 < 発生す […]

記事の続きを読む

お腹にガスがたまって腹部膨満感、原因は?どうすればいいの!

腹部に張りを感じて苦しい状態のことを腹部膨満感と言います。お腹が張って苦しいと感じたり、お腹が重いとか、ゴロゴロするなどの悩みをお持ちの方のほとんどが、腸内にガスが過剰にたまって生じることが原因と言わ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

腸ハンサム王子のプロフィール

健康のためあれこれ試し、元気な老人をめざす腸ハンサム王子

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 腸内環境改善で便秘解消、健康生活!乳酸菌の活躍で腸キレイになれる

    ページトップ